プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入笠山 
あれはもう、はるか昔。。。
昨年の12月中旬ごろ、入笠山に行ってきました。
今頃記事にしま~~~~す(#^.^#)

家を出るときは晴れていたのに、ゴンドラを降りたら雲がベッタリとはりついて、
見晴らしゼロ、
かてて加えて、行きの車の中でダンナとケンカをしていた。
「全然楽しくない」気持ちで、入笠山山頂へ向かった日でした。
gonndorasanntyoueki
(ゴンドラを降りたら、灰色の世界でした)

「さっさと登って、さっさと帰ろう」と仏頂面で黙々と歩いていたんです、
なんてつまらない山歩きなんでしょうねぇ。
ふと・・・
カラマツの林がガスでモヤッて幻想的だったり、
moyanonaka
見下ろす入笠湿原がガスに沈んでいたり。。。
nyuukasasitugenn
すっきり爽快な景色とまた違った、水墨の美しい世界に、
次第に気分が盛り上がってきました^m^

この日は登山靴での山歩きでした。
雪はたっぷり積もっていたのですが、人気のある山なので、
トレースもしっかりついており、ズボズボ埋まってしまうことがなく、歩きやすかったです。
tore-su

快晴の日の山頂の様子。
kaisei
この日の山頂はといいますと・・・、
gasu
白くかすむ山頂の表示。

いつもの、のどかな山頂とは全く違った雪山の姿、
sanntyou
いつもと違う厳しい一面を見ることが出来て、感動でした。

ぶーたれて登り始めた今回の入笠山、
山を歩くと、楽しいことがいっぱい待っていて、
山頂では、すっかりハイテンション。
自分の気持ちと同様に、下山中から天気がみるみる回復をして、
青い空に、雪のカラマツが映えたり、
kaihuku
ゴンドラの山頂駅からは、八ヶ岳が全開に顔を出してくれていました!
yatugatake

いろいろあって、
山なんかもう行かない、
なんて思ったりもしますが、
行くと、大切なものが1つ増えていく。
「山行く?」と聞かれたら、「うん」って答えてしまうんだろうな。。。


入笠山、お付き合いいただきまして、ありがとうございました(#^.^#)




スポンサーサイト
八子ヶ峰 雪山始め
今シーズンの初雪山に行ってきました(12月9日)。
場所は、八子ヶ峰。

八ヶ岳が雪で白くなっているのを、目にしていましたが、
まだ12月始まったところ、そんなに雪はないよな~~~、と思っていたのですが、
もうもう、たっぷり、雪、積もってました。
山のこと全然、分かっていません(>_<)

今シーズンの雪山の始まりの入り口。
hajimari
毎年毎年、ふわふわの雪が、とても温かそうで、確認してしまう、
今年も、手袋外して、素手で雪触って、冷たいっ!!!って思い出す(#^.^#)

十五夜の登山でした。。。
jyuugoya
・・・みたいな。
枯れすすきの向こうに満月、のような写真になっていた^m^
ホントは"急斜面なんですけど。。。"という写真を撮りたかったんですけれどね。

この日は山に着いた途端、曇り出すという、ちょっと残念な日でしたが、
おかげで、恐ろしげな空の下の雪原という、非日常な景色を見ることが出来たのです。
doyodoyo
そして、時折切れる雲から射す陽ざしに輝く北横岳が、いっそうまぶしかったですよ。
kitasankirei


アイゼンを持っていたのですが、ふわふわの雪で、アイゼンの出番はなしでした、
素人で超怖がりの自分は、ほんの少しの恐怖でも動けなくなるので、
アイゼンはお守り代わりに、大抵、持参しています(#^.^#)
私たちは登山靴で登りましたが、スノーシューの方が歩きやすいところの方が多かったです、
「スノーシューでもよかったよね」ってダンナに聞いてみたところ、
「まだ雪が少ないところは、雪の下の岩にスノーシューがあたるから、
スノーシューはもう少し積もった後の方がいい」と教えてくれました。
そんなものなのね^^


場所によっては、スノーシューでも埋まってしまうぐらい積もったところも。
誰も踏み入った跡がなかったので、人間砕氷船!の気分で雪だまりに突入!
ta-no-si-i
サラサラフワフワの雪なので、踏み出すと雪が崩れていき、
見た目より全然楽チンの雪漕ぎだし、何より楽しい~~~~~~♪
下の状況が全く分からないので、突然ズボッてはまってビックリしますが(^^ゞ

久しぶりの雪山歩き。
八子ヶ峰は危険な個所もなく、景色もよくて、雪もたっぷり、
私みたいな万年初心者には、とってもありがたいお山です!
また訪れたいと思っていますので、
今シーズンも、よろしくお願いしますね、八子ヶ峰さん。

八子ヶ峰、お付き合いいただきまして、ありがとうございます。












入笠山
富士見パノラマリゾートスキー場のゴンドラで上まで上がり、
そこから山頂へ登っていくのが、入笠山登山楽々コースになります。
入笠山はスノーシューのメッカですが、
「登山靴で登るから!」との指令・・・、
北横岳の途中まで登山靴で登ったことで少し自信はついたのですが、山頂までか。。。
ダンナに内緒で、アイゼンをリュックにしのばせ入笠山へ!

スキー場のゴンドラを降りるとゲレンデは八ヶ岳へダイブするような景色、
RIMG0123aaa_convert_20140209130821.jpg
この日は雲もなく見晴らし最高の入笠山日和、頂上までお天気が変わらないで!!!
と気が急いてきました^_^;

入笠山山頂へは、入笠湿原を通り抜けて、
RIMG0018aaa_convert_20140209132237.jpg
      (湿原の植物達は雪の下でお休み中)
登山道へ入っていきます。
登山道は途中二又に分かれるのですが、片方のコースは足跡なし!!!
RIMG0044_convert_20140209134816.jpg
人気の山で人も結構多いのに、なんてラッキー、モチロンそちらへ\(^o^)/

両側から雪!
RIMG0050aaa_convert_20140209132528.jpg

吹き溜まりはこんなん!
RIMG0052_convert_20140209135041.jpg

雪が腰近く積もった場所では、踏み込んでもサラサラと崩れ落ちて、
雪が体にまとわりついて歩けない、雪の中を泳いでいるようでした、
傍目から見ると、雪の中でもがいていただけのようでしたが(#^.^#)
これは楽しくって気持ちよくって、最高でしたよ!!!!

頂上付近では斜面が急になります、
RIMG0063_convert_20140209135502.jpg
後ろを振り返ると怖いので、足下だけを見て登って行くといつの間にか頂上!
RIMG0102_convert_20140209131810.jpg
         (富士山が顔を出しています)

入笠山は360度の眺望、冬の澄んだ空気はどこまでも見渡せました。
長野周囲の名のある山のほとんど全てを望み、何より八ヶ岳と真正面に向かい合います。
RIMG0070aaa_convert_20140209143323.jpg
前回の記事の北横岳、あの頂上に立ったんだ!(^^)!

この日はお楽しみ付き登山なんです、
入笠山の登山口まで降りて、山小屋『マナスル山荘』でお茶をするんです^m^
ここのきなこ餅は絶品と聞き、これは食べねば。
RIMG0115aaa_convert_20140209131252.jpg
おいし~~~~~~い、何これ何これ。。。
すっごく新感覚なきなこ餅、これはほんと~~に今までのきなこ餅とは違います、
入笠山にいらしたら、是非召し上がっていただきたいですわ!(^^)!

リュックの中のアイゼンは出番なく家に帰ってきました、
今回の雪は凍って滑るところがなかったので、私でも登山靴で登れました。
楽しくって、景色も素晴らしくって、美味しかった入笠山登山、また行きたいな~\(^o^)/






信州 三峰山
ビーナスラインの、八島湿原と美ヶ原の間に、
三峰山はありました。
いつもいつも、通り過ぎるだけの場所だったので、
この山が、こんなにも見晴らしがいい山だとは、
まったく、気がつきませんでした。

快晴の秋空の下、少し時間があいたのでどうしようと悩んでいたら、
ダンナが、三峰山へ行こうと決めてくれました。
これが、それまで素通りの山が〝目的地の山〟になった瞬間でした^^

目的地として見てみますと、
ビーナスライン沿いからすぐ登り始められますし、
笹原の可愛らしいお山が3つ並んでいて、
分かりやすいし、登りやすそう。
RIMG0559_convert_20131013131301.jpg
(三峰山)

では、と登っていきますと、
2つ目の峰の途中ぐらいで、息が上がって、疲れていました、
なだらかな見た目より、なかなかキツイ。。。
RIMG0582_convert_20131013131413.jpg
(下のほうに走っている道路がビーナスライン)

いえ、普通の体力があればスイスイなんでしょうが、いかんせんヘッポコ。
山全体が笹原で、景色全開で登れるので、
景色を楽しみながら、ノンビリ歩きました。
RIMG0564aaa_convert_20131013131340.jpg
(絵本に出てくるようなお山)

登り始めて、三つ目の峰が頂上です。
360度の眺望!!!
RIMG0575_convert_20131013131446.jpg

RIMG0566aaa_convert_20131013131835.jpg

富士山から諏訪湖から、白馬、浅間山、
もうどこもかしこも、見ることができてしまう感じ、
すんばらしい~~~、空に浮いている気分でした。

こんな絶景を、お手軽に(少しがんばったけど)見れてしまう山、
皆様もお時間のある時は、是非お立ち寄りください。
ビーナスライン沿い、三峰山、
素通りには勿体無いです^^








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。