プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急きょ、復活
止めたはずの私、恥ずかしながらこっそり書いています…。
前回の体調不良のご報告のあとに、見ず知らずの私に優しいお言葉をかけてくださり、心配してくださりありがとうございました、とても嬉しくて嬉しくて、ブログをやってよかったなーーーとしみじみ。
お休みブログに足をお運びいただいた方々にも深く深く感謝です。
 
体調はまだまだまだまだなのですが、どうしても書いておきたいことがありまして、今回急きょ復活させていただきました。

長野県の大町山岳博物館のホームページに「シベリアオオヤマネコ アイガー死去」の記事(11/17)。
DSC_0064_convert_20101117202335.jpg
死亡原因・年齢などの記載がなく、詳しいことが分からないのが、もどかしいです。
彼には今年の9月に会ったところでした。

アイガーは1991年10月30日に、オーストリアのアルペン動物園より大町山岳博物館に来館したそうです。
DSC_0099_convert_20101117202448.jpg
オオヤマネコは名前に〝ネコ〟とつく印象から想像するより、驚くほど大きい体をしています。

シッポはボブテイルのよう。
DSC_0066_convert_20101117202415.jpg
カワイイ、お尻。 

寒い地方生息の動物のため、暑さには弱いため、今年の酷暑で体調を壊してしまったのかと想像します。
DSC_0127_convert_20101117204738.jpg
9月に撮った写真、
〝ニャハ〟って笑っているように見えた顔、
今思えば〝暑くてかなわん〟と言っていたのかも・・・。

いいお顔です。
DSC_0131_convert_20101117202550.jpg
せっかく辛い夏を乗り越えたのですから、雪の上を転げまわって欲しかったです。
大町山岳博物館に行っても、もう彼に会えない、とても寂しいです。
アイガー、ありがとう、
安らかに眠ってください。


久しぶりにこれだけ書いただけで、ヘロヘロになってしまいました、
今回はこれにて、失礼いたします。
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

ユキヒョウ ユキ
多摩動物公園のユキヒョウのユキが6月20日に亡くなりました。

ユキは12歳でした。
死因は卵巣と子宮にできた悪性腫瘍だそうです。
昨年の7月に、男の子を産んでいましたので、女性特有の病気になっていたとは信じられませんでした。
彼女は3度の出産で計7頭の子供を立派に育て、彼女の子供達は今、日本各地や世界の動物園で暮らしています。

彼女のおかげで、愛くるしいユキヒョウの子供をみることができました。
彼女のおかげで、ユキヒョウの母親の愛情を知ることができました。

ユキは細面で凛々しい顔のユキヒョウでした。
DSC_0201_convert_20100628005240.jpg
岩にスリスリするものだから・・・
DSC_0424_convert_20100628005815.jpg
ホッペが黒くなって、余計に彫が深くなってしまった。
DSC_0444aaa_convert_20100628005849.jpg
2008年に産んだ子供達。
DSC_0416_convert_20100628005452.jpg
男の子の3兄弟、とっても元気に放飼場を飛び回っていました。
DSC_0528_convert_20100628005406.jpg
ユキと子供達が一緒の写真を探したのですが、見つからず。
ユキは子供を上手に遊ばせ、自分も楽しんで遊んでいるような、明るいお母さんでした。

この瞳がもうひらくことがないと思うと・・・。
DSC_0256aaa_convert_20100628005320.jpg
ユキ、ありがとう。
まだまだ、早すぎたけど、
子供達を見守っていてね。

やすらかなねむりを。






テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

チーターの花嫁
東京ズーネットのメールより、
多摩動物公園の雌の2頭のチーターが嫁ぐことになったそうです。
2008年3月5日生まれの「キキ」「キララ」です。
 

ぼやっちは、なんたってネコ科が大好き!!!
その中でもチーターは、ネコの次ぐらい愛しております。
2008年チーター誕生に多摩動物園に行きました、
関東でも多摩とは遠く離れていたので数回しか行けませんでしたが・・・。
ぽやぽやの頑是無い幼子だった、キキとキララがお嫁さんとは、
おばさんは、嬉しいような、寂しいようなです。
DSC_0574_convert_20100313205045.jpg
これは昨年9月の写真です。
キキかキララか、その兄弟のカケルかカイの誰かです、
好きなのに個体識別が出来ていません・・・・。
まだ幼さの残る表情です。


こんな儚げなのに、
彼らはサバンナの弱肉強食の世界を生き抜いている。
DSC_0502_convert_20100313205655.jpg


ぼやっちは彼らを撮るために、
デジタル一眼レフを購入したようなものです。
フィルム代、現像代を気にせずにシャッターを押しまくるんだ!
多摩動物園ではいつも、メモリーかバッテリーがなくなるまで押し続けました。
DSC_0475_convert_20100313204950.jpg
キキとキララが嫁ぎ先で幸せに暮らしますように!


ぼやっちは、チーターが表紙の写真集を買い集めました。 
写真家、清水靖彦さん、
この方はマラリアを発症し、すでに亡くなってしまっています。
遺骨をアフリカに分骨されて、
今、大好きだったサバンナに還られています。
DSC_0001_convert_20100313211155.jpg
DSC_0003_convert_20100313211307.jpg
チーターへの深い愛情に満ちた、写真集です。




テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。