プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重たい気分
最近嫌なことばかりあって、
「相棒」の最終回でも見ようと思ったら。。。
あまりに酷い終わり方で、重い気分を引きずっています。
たかがドラマなんでしょうけど、13年見てきたと思いますと、虚しい。



スポンサーサイト
スガキヤ
スガキヤの『クリームぜんざい』、
略して『クリぜん』。
RIMG0027aaa_convert_20140223211415.jpg
ぜんざいの上にソフトクリームが、ウニョニョ~~~~~って乗っているんですよ(>_<)
もうね、もうね、美味しいんですよぉ~~~。

私の味覚の故郷、スガキヤ。
諏訪地方にも出店してもらいたい(>_<)




景色
写真の整理が、まだ終わらないよぉ(ToT)

観光地では、こんな見晴らしをいつも楽しみたい。
DSC_0490aaa_convert_20131228212525.jpg


何にも見えない。
本当にガッカリなんだけど・・・
DSC_0025aaa_convert_20131228212646.jpg
こんな景色も、いいかな^^


年末、切羽詰ってきましたよ。。。
掃除とお節、間に合うか!?



八方尾根
もう3週間ぐらい前です。
八方尾根に行きました。

ファースト八方尾根は2年前、
霧に包まれ、景色ゼロの、
それはそれは、未練残りまくりの、八方尾根。
あっ、でも、高山植物は、花盛りで、それなりに満足ではあった、うん。

今回は、それはそれは、アッパレというほどの、
ピーカンの、底抜けの晴れでした!

八方尾根の王道の観光コース、リフト乗り継ぎ~八方池まで、
パンフレット通りのコースをたどってきました。
八方尾根とは、その名のとおり、尾根、
なので、歩いていると、360度の絶景が目の前に広がって、
どこを見ていいのか、くるくる回ってしまう。

RIMG0445aaa_convert_20131008185917.jpg
見えづらいですが、ケルンが建っています。
ケルンは、円錐状に積み上げた石の目印で、
ガスがかかって、道を見失うような場所に建てられる山の標識のようなものかな。。。


RIMG0292_convert_20131008183242.jpg
左手眼下に、白馬の町がひろがっています。
RIMG0231_convert_20131008183143.jpg
(白馬村)


RIMG0350_convert_20131008185735.jpg
この景色、大好き!
谷間から、不帰嶮(かえらずのけん)が顔を出しています。
スイスとかカナダみたいな景色(行ったことはないです、イメージで)。


RIMG0381_convert_20131008185626.jpg
尾根から少し下がったところに、ゴールの八方池があります。
八方池は土砂が堆積して出来た天然の池です。

RIMG0407_convert_20131008185850.jpg
八方池の奥は、天狗ノ頭と白馬鑓ヶ岳、
目の前の山の大きさに圧倒される、景色でした、
この景色が見たかったんです。
今でも目に焼きついています、
来て良かった。。。


何もかもが、感激の、八方尾根でした、
もう満足しきった感です。
今、八方尾根は、紅葉をむかえてるかな。






原田泰治美術館 水彩体験 
諏訪市出身の画家、原田泰治の美術館が諏訪湖畔にあります。
そこで、水彩スケッチ体験を行っていることを知って、行ってきました!

水彩体験料金
大人 1,500円
子供 800円
入館料・水彩セット・ぬりえカード・ケーキセット付(画板貸出し)

通常、入館料は大人800円です、
そこにケーキセットやら何やらついて、1,500円、
もとは取れる。。。ってなことも考えてしまう^^

原田泰治美術館。
RIMG0592-a_convert_20131008144753.jpg
建物の裏は、すぐ諏訪湖です。

体験プログラムは、まず料金を払います。
そして、学芸員さんが館内の作品の解説をしてくれます。
その後、喫茶コーナーへ移動して、水彩体験でした。
この日は雲っていたため、屋内だったのか、
屋外で行うこともあるようなことが、情報誌には載っていました。

ここで、水彩セット、塗り絵カードを受け取ります。
水彩セットはこんな感じです。
RIMG0004_convert_20131008145239.jpg
これに、原田先生の塗り絵と、
お土産のポストカードサイズの塗り絵がついています。
塗り絵の完成見本がないなと、思いきや、
なんと、塗り絵の景色が、喫茶コーナーの前に広がっているではないですか!
この体験プログラム用に、原田先生が書き下ろされたのかな?(未確認です)
写生気分で色塗りをするんですね。
学芸員さんが色の塗り方などを少し説明してくれて、
あとは、塗り絵の時間。

原田泰治美術館で、原田泰治作品を鑑賞して、
そして原田泰治の下書きの絵を塗っていると、
自分が原田泰治になったような気がして、とっても気持ちがいい♪

ケーキセットは、好きな時に、注文することが出来ます、
ケーキも飲み物も、数種類から選べました。
絵を塗って、お茶もして、とっても贅沢な気分を味わえたプログラムです。

時間の制限はないらしく、
気の済むまで、絵を塗ったり、
作品の鑑賞をしていいようです。
学芸員さんとは、喫茶コーナーに案内されて、水彩セットを渡された時点で、お別れです、
あとは、フリーでした。

自分は時間の都合上、絵は塗りかけのまま帰りました、
絵の景色を写真に撮って、続きは家で。
RIMG0594-a_convert_20131008145605.jpg

美術館は諏訪湖の脇に建っているので、
帰りに諏訪湖を覗いてみると、
黄色いお花、
RIMG0606-b_convert_20131008150205.jpg
コウホネ。
嬉しい出会いもあり、とっても満たされた1日でした。

体験をされたい方は、美術館に予約が必要ですので、
お電話されて、お出かけになって下さいね。

家で完成させた塗り絵です。
気分だけは、原田泰治です^^
RIMG0003_convert_20131008145341.jpg










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。