プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北八ヶ岳 双子山2
前回からの続きです。

亀甲池を後にして、登山道へ戻りますと、
「ここから、北八ヶ岳らしい景色になるから」と珍しく、まともな説明をしてくれた、ダンナ。
コケに覆われた林床と針葉樹の原生林、これが北八ヶ岳らしい景色の一つです。
kokekoke
いや~~~、周りの暗さのせいで、写真が真っ暗だったので、編集したら、
なんだか、やけに明るい原生林の写真になってしまった(^▽^;)
実際は、深い緑のコケに覆われた、暗く静かな林ですよ^^

原生林をぬけて、目指す2番目の池、双子池・雌池に到着。
ikeike
青空と、紅葉の山と、それを映しこむ池、とても綺麗な光景でした。

双子池・雌池があるなら、雄池もあるだろうと思われた方、大正解!!!
雄池に向かいますよ。

はい、雄池到着!
ikeikeike
雌池と雄池は、もともと一つの池でしたので、とっても近く。
驚きなのは、雄池の水、飲むことが出来るんです、私的にはビックリでした!

池巡りが終わり、いよいよ双子山の山頂を目指して、一気に登ります。
紅葉の木々を過ぎ、針葉樹の尾根を歩き・・・
oneone

そして・・・
hiraketa
突然、開ける景色!

双子山山頂は、遮るもののない、広く平坦な場所でした。
sanntyou
この道をずーっと、ずーっと先まで歩き続けます、
この解放感と爽快感、味わっていただきたいですわ\(^o^)/

左手には蓼科山。
tatesinayama

右手には、遠く浅間山。
ennkei


山頂でのんびり、コーヒー飲んで、ぼんやりしてから、
山頂を下り、この日の双子山のルートをすべて終えました。
owari
    (山頂から、大河原峠の駐車場へ下る道。見晴らしがいいですよ)


このコースは前回も書いたように、と~~~~っても面白かったです。
笹原、樹林、原生林、池、川などなど、
次から次と景色が変わって、どの瞬間も飽きなかったです。
高低差もそれほどなく、体力ない自分でも大丈夫な登りでした\(^o^)/
登山というより、ハイキング気分で歩くことができますよ。
お出かけ先に迷っていらっしゃいましたら、双子山、いかかですか(^_-)-☆

双子山、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。




スポンサーサイト
北八ヶ岳 双子山1
名付けるなら『双子山 池巡りコース』って感じのルートを歩いてきました。
このルート、いいですよーーーーー\(^o^)/
コンパクトな行程の中に、変化に富んだ景色がギュギュッと詰まっていて、
山登り素人の私、充実感・満足感に満たされました。
山登り玄人のあなたには(誰?)、物足りない登りだと思いますが^m^


大河原峠の登山口から出発。

台風一過、心地よい秋晴れのこの日、
出発した私たちを迎えたのは、その台風によって小川と化し、ぬかるんだ登山道でした。
木々の紅葉と、笹原の広がる開けた景色の中、
水にはまらないように、ただただ、足元だけを見て進む勿体なさといったら(T_T)
sasahara
            (前を行くのは、ずっぽり水にはまった人です^m^)


登山道のぬかるみもなくなってきた頃、
道は樹林の中に入ってきました。
jyurintai
ここで私は、出発してからここまでの間、ずっと思っていたことを、ダンナに言ってみることに。
「この道、ずっと下っているんですけど。。。」
「初めに上るばかりが、登山ではない。」という返事と、
「これ、今日の教訓な!」という言葉が返ってきました。
今日って何?毎回何か語るつもりなんだろうか、彼は。。。

出発から、ず~~~~~~っと、ゆるゆると、下り続けている登山道。
上りもせずに、最初から下るということは、
これまでの下った分の上りが、後に加算されるわけで、
体力のない自分にとって、後々の登りの大変さを思いやって、不安。

早く登りに変わってくれ~~~と念じていますと、
下に川が見えてきます。
kawa
「この川を渡る」と言われ、ああ谷底まで下りきるんだ、と諦めましたよ(^_^;)
川を横に見ながら歩くのは、気持ちよかったです。
谷底まで下りきり、川を渡ると、やっと登りの道が待っていました。

樹林の中を少し登ると、道はまた開け、広い平坦な景色に出会います。
hiroizo
山の中で、こんな平坦な場所に出ると、不思議な感覚になります。
この道に出たら、振り返ってみてください!
tatesinayama
蓼科山が真後ろに!!!(汚い字は気になさらないで^^)
感動して、何度も何度も、振り返って、前に進めません^m^

道はまた樹林に入り、進んでいきますと、
このコース最初の池『亀甲池』へ。
kikkouike
北八ヶ岳の中で有名な白駒池と比べますと、とっても ちまっとした池なんですが、
のどかで、のんびりした感じ、ほっとします。
ikeike
赤色はナナカマド、黄色はシラカバの紅葉。。。だったけかな。
写真ヘタッピなので写っていないですが、もっと紅葉でしたよ(^▽^;)

秋よね~~~と、まったりした気持ちで次の池を目指しますが、
長くなりましたので、この辺で。
つづく^^








久しぶりに お山
10月の最初の台風の翌日、
久しぶりに、八ヶ岳に行きました。

部屋のカーテンを開けると、いつも八ヶ岳があったのに、
この半年、とても遠い存在になっていた。
当たり前だけど、自分が動かないと、そこに行くことは出来ないんだ。
やっと、行くんだ!って思えるようになった、長かった。

この日は台風が空気を一掃して、景色をピカピカにしていました。
sirakaba

そして台風は、登山道を小川に変えていました(T_T)
ogawa_convert_20141021204405.jpg
前を行く旦那はズッポリはまっていました。
「身をもって、危険個所を教えた」と言う旦那、
『見ればわかるけど。。。』と心で答えて、
おかげで無事小川の場所を通り抜けた私でした。

そんなこんなで、北八ヶ岳 双子山への登山が始まるのでした。

つづく(#^.^#)


北八ヶ岳 茶臼山
木々に囲まれた展望ゼロの樹林帯をひたすら登り、
山頂や展望のある場所に出る手前の景色がとても好きです。
見えるのは空。
どんな景色が待っているのか、
ドキドキワクワク・・・
DSC_0179aaa_convert_20140216100737.jpg
        (茶臼山展望台手前より:6月の写真です)


手抜き更新が続きますので、
コメント欄閉じた方がいいですよね^_^;





北八ヶ岳 北横岳3
前回の続きです。

北横岳の山頂は2箇所あります。
前回暴風の中通り過ぎた山頂は、南峰(標高2471.6m)になります。
続いてもう一つの山頂 北峰(標高2480m)に向かいました。

南峰と北峰はとても近く、吹きさらしの山頂という環境も同じなのですが、
北峰の方が風が少~~~~しだけ弱くて、私でも少~~~~しだけ山頂に留まれました
北峰山頂の眺望。
RIMG0508_convert_20140204132622.jpg
    (急いでシャッター押しただけで、景色は全然覚えてないです(^^ゞ)

ササーっと写真を撮ってすぐに下山開始です。
同じ道で前回の山小屋まで戻るのですが、最初にあれほど怖かった南峰の暴風も、
帰りには少~~し慣れたのか、立ち止まらずに一人で歩けました、
これが経験というものなのかしら、な~んて嬉しかったですね\(^o^)/

山小屋まで降りると、そこから脇道に入って『七ツ池』に行くことに。
この日は『七ツ池』のコースに人が入った足跡がなく、マッサラな雪を楽しみました。
標高の高い場所にある『七ツ池』は完全に結氷して、その上に雪が積もり雪野原。
DSC_0038_convert_20140204132244.jpg
             (雪の下は結氷した池!)

池の上を歩きます(^_^)v
RIMG0532aaa_convert_20140204132715.jpg
            (膝下までズッポリ)
吹き溜まりはかなりの積雪、スノーシューではないのでズッポリ埋まりながら、
プチラッセル、すっごく楽しいですよ!!!
あとでムチャムチャ脚が疲れましたけど。。。

『七ツ池』からまた山小屋まで戻り、もと来た登山道を通って北横岳を後にしました。
往きに通った坪庭では、また雪つぶてをぶつけられる風に吹かれましたが、
RIMG0536aaa_convert_20140204132744.jpg
とっても楽しい感覚に変わっていました、こんな経験も面白い!(^^)!
山頂のすさまじい風を経験したから、そう思えるようになったのでしょうね。

北横岳は常に風が強いそうですが、この日はいつも以上に強かったようです。
南峰山頂は今思い返しても怖いですが、結果、一日を通していろんな体験ができた日になって、
楽しかったなーって、思いに浸ってます(*^_^*)
北横岳に長々お付き合いいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。