プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲ヶ峰 スノーシュー
八島ヶ原湿原の横にある山、鷲ヶ峰。
この山、かなり好きな山です♡
小高い丘のように登れてしまう山なのですが、
笹原のような中腹を、グングン真っ直ぐに登っていきますので、
見下ろす八島ヶ原湿原はみるみる小さくなっていき、
遠景はグングン広がってきます。
登った満足感の大きい山なんです(#^.^#)
今回は、初めて、雪の鷲ヶ峰に行ってみました(1月初旬です)。

八島ヶ原湿原の駐車場に車を停めます。
ここで注意ですが、駐車場のトイレ、雪に埋もれてます(^▽^;)
冬は使用できませんので、ご注意くださいね。
toire

雪に埋もれた八島ヶ原湿原の横をぬけ、
ysima
鷲ヶ峰へと向かいます。
wasigamine
(歩道の柵の頭だけが雪から顔を出しています)

ふかふかの雪がたんまり積もっていたこの日の鷲ヶ峰のコースに、人の足跡はありませんでした。
スノーシューを楽しむのには、絶好の条件の日でした。
zuri
少し急な斜面ではサラサラの雪に踏ん張りがきかず、ズリズリしながら登ります、
なかなか前に進めず、もがきながらの斜面登りは、可笑しくなってきて、力が入らなくなってきます(≧▽≦)

鷲ヶ峰は中腹部分が笹原のようになっていますので、斜面から吹き付けてくる風が、強烈な場所があります。
kyouhu
        (黄色い部分が登山道です)
この日は特に風が強かったのかもしれませんが、
強風が、積もった雪を巻き上げて、たたきつけてきました、雪粒と冷たさで、顔が痛い。。。
そんな時の強い味方が『ハードシェルのフード』なのです\(^o^)/

ハードシェルとレインウェア、
山用品のお店に行くと、この2つって見分けがつきませんでした(^▽^;)
値段が高いのがレインウェア、
値段がバカ高いのがハードシェル。。。って感じに思っていました。
が、雪山で強風に見舞われたとき、ハードシェルの素晴らしさが身に沁みます。
いろいろと高機能にできているハードシェル、
防風機能も万全で、風にさらされても風を通さず、
フードをかぶれば、フードが立体的に頭部全体を包んでくれて、
横からの風をシャットアウトして顔に風が当たらない!!!なんてなんてステキ\(^o^)/
レインウェアのフードは基本雨除けなので、襟部に収納可能なほど柔らかいため、
強風に耐えられないような感じがします。
ハードシェルは、お値段が高くて、ずーーっとずーーーっと手が出なかったのですが、
思い切って買ってよかった(モンベルの型落ちで安くなった商品ですけど^m^)、とっても重宝です。

強風の個所は、下の写真のように完全防備で歩きました(#^.^#)
ha-dosheru
(帽子、サングラス、ネックウォーマーは鼻まで覆い、フードのファスナーは上まで閉めていました)
小高いお山で気軽に登れる鷲ヶ峰が、冬にはこんなハードな姿になるなんて、ビックリ^^
でも危険な個所は全くありませんので、怖くなくて、厳冬期の雪山をプチ体験できて、楽しかったな~~~。

今回はあまり時間がなくて途中で引き返したのですが、とっても満足のスノーシューでした。
最後に鷲ヶ峰からの景色です。
yasimagaharasitugenn(雪原の八島ヶ原湿原と左奥に蓼科山、中央後が車山)


suwako(中央に、黄金色に輝く諏訪湖)

鷲ヶ峰、お付き合いいただきまして、ありがとうございました(#^.^#)














スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。