FC2ブログ
プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物園にて 鳥
今回の写真は、数年前の5月に、動物園で撮った写真です。

オシドリのオスをはじめてみた時、
「何がどうなっているんだ、この鳥?」という感想で、
美しいというより‘過ぎたるは~~’という、ことわざが頭をよぎった覚えがあります。
DSC_0285aaa_convert_20111127204306.jpg
今では、ちゃんと「綺麗な鳥さん」と思えます、
見慣れたのでしょうかね^^

オシドリのオスとメス。
DSC_0284aaa_convert_20111127204233.jpg
オシドリはドングリを食べることもあります。
このクチバシなので、つついて中身を食べることは無理なので丸呑みなのでしょう、
消化はどうなるんだろう???
砂のうの石ですりつぶすのでしょうか。。。オシドリも石を呑むのかな???

シュバシコウ。
DSC_0288aaa_convert_20111127204335.jpg
朱色のクチバシのコウノトリ、という意味だったと思います。
豊岡市で野生復帰させていますニホンコウノトリと同じコウノトリ科です。
この鳥はアフリカに生息、繁殖期はヨーロッパに渡っています、
赤ちゃんを運ぶコウノトリは、このシュバシコウのことだそうです。

こちらの子は、クチバシが折れてしまっています。
DSC_0305aaa_convert_20111127204403.jpg
動物園などの飼育施設では、鳥が檻に当たって、
クチバシを折ってしまうことが時おり起こるようです。
でもそこは動物園、飼育員さん方が治療をしてくれます。

この子は、繁殖をして、抱卵をしていますので、
短いクチバシで不便ながらも、元気に暮らしていました!
DSC_0307aaa_convert_20111127204442.jpg
上下のクチバシをかみあわせが出来るように、切りそろえたのかな?
仮のクチバシを作って、折れた方につなぐ事もあるようです。

動物園の生活も、いろんな危険がひそんでいますね。。。




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

コメント

はじめまして。
オシドリがかわいくてじっくり見てしまいました。
写真を撮るのが上手ですね!すごく素敵です!

またあそびにきます☆
[2011/11/28 00:58] URL | 赤綿 #- [ 編集 ]

こんにちは
きれいですね、オスのオシドリ
まだ 間近で 見たことがないです
動物園も 安全な場所ではないのですね
それなりの 苦労があるとは。
[2011/11/28 14:14] URL | みかん #RIBVchHI [ 編集 ]

赤綿さん、こんばんは
はじめまして。
ご訪問、コメントをいただきまして、ありがとうございます。

オシドリは、華やかなオスはもちろんですが、
メスも、クリクリお目目で、とっても可愛いですね。
2羽が仲良く並んでいる姿を撮ることが出来て嬉しかったです。

写真ですが、切り取りの編集をしています。。。
ほめていただきましたのに、申し訳ありません、
写真の技術は全くないです。。。

またご訪問いただけましたら、嬉しいです。
ありがとうございました。
[2011/11/28 19:23] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

みかんさん、こんばんは
私も野生では、オスのオシドリを見たことがないです~、
自然の中で、こんな綺麗な鳥に会ったら、感動ですよね、
いつか会ってみたいです。
でも動物園ではじめて見たときは、本当に‘なんかすごいことになっている鳥だな~’って印象でした、
美的センスがないんですね、自分。。。

動物園での暮らしは、安心安全であって欲しいですけれど、
動物たちの予測不能な行動などもあって、いろいろ事故とかも起こってしまうようですね。
動物園の中だけでも、幸せな一生を過ごしてもらいたいです。

焼肉食べ放題ですか~~~、おいしそうなお肉ですね~~~ジュル。
明日は‘良い肉’の日のようです、
明日の夜は、お肉に決めました^^
[2011/11/28 20:31] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

会社より
一番最初に写っている写真は、
あの『オシドリ夫婦』でよく使われる
あの鳥でしょうか??
恥ずかしながら始めてオシドリを
見ました~!!
オスはなんとも奇抜な色合いですね★
めっちゃハデハデです♪♪♪
それに比べてメスは地味ですね。。。
人間とは正反対です。
[2011/11/29 08:58] URL | いねむり姫 #- [ 編集 ]


オシドリってまだお目にかかったことがありません。
明治神宮に来るらしいけど、居る池の方まで行ったことが無いです。
でも、3学期は授業午後が空くので行って探してみようかしら。学校から近いんです。
ものすごいカラフルっと言うかアート的ですよね。本物?と思ってしまうほど。
絶対この目で見てみたいです!

嘴の先が折れてしまうって、檻が原因でもあったのですね。
TVでしか見た事ありませんけど、気の毒です。でも、元気でいてくれるのは心強いです。
ハンディあっても生きて行く・・・
それが生きとし生けるものの宿命なのかな。
[2011/11/29 23:14] URL | サラーム #- [ 編集 ]


オシドリは、やっぱりきれいな色ですね~。
しかもお人形さんみたい!? 作り物みたいというのでしたっけ(笑)
メスは地味ですが、でもいい感じの色です^^

あらら、動物園でも事故があるんですね。
ちょっと痛々しいコウノトリです^^;
でも自然界なら命をおとすようなことになるのかもしれませんが
ゴハンはもらえるでしょうから安心ですね^^

そうそうコウノトリと言えば・・・・
花札の松と鶴の絵柄、じつは松とコウノトリが描かれてるそうですよ。
白の羽に黒の模様が、鶴もコウノトリも似てますよね^^
[2011/12/01 00:38] URL | 月子 #- [ 編集 ]


こんばんは。

鳥って無駄に美しいですよね。
以前何かで読んだのですが、
鳥のオスが美しいのはメスをひきつけるためではなく
外敵からの目を自分に向けて、メスと子どもからそらすため、とか。
なんか、父ちゃんがんばってますねw
そうすると、オスメスいっしょの柄の場合はどうなんだろう…とか
深いツッコミはこのさい置いといて…
そういう説を唱える人の存在は大事ですね。
なんでも画一的に捉えていると見失うことも多いです。


[2011/12/01 18:59] URL | torotoro #- [ 編集 ]

いねむり姫さん、こんばんは
会社から、わざわざ申し訳ありません。
お返事も遅くなってしまいまして、返す返す、すみませんでした。

最初の写真は、『オシドリ夫婦』の旦那様のほうですね、
自分もオシドリを見ましたのは、数年前です、
確実に、いねむり姫さんより年をとっています^^

奇抜ですよね、この色合い、
鳥のセンスって、ムチャムチャ発達しているんでしょうね~~。
オスはメスに選んでもらうために、精一杯のオシャレをして、
メスは抱卵、子育てのために、外敵に見つからないように、
目立たずに、地味に地味に暮らしているようです。
地味でもオスを選ぶ立場にいるなんて、うらやましいです。。。
[2011/12/01 20:10] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

サラームさん、こんばんは
野生のオスのオシドリは、私もまだ見たことはないです。
動物園などで飼育されている鳥さんたちは、野生の種と比べますと、
体色が少し薄くなることがあると、聞いたことがあります、
野生のオスのオシドリは、きっと目を見張る美しさがあるのでしょうね。
明治神宮にオシドリがいるとは、これまたビックリですが、
一度見に行ってしまいますと、被写体として、はまってしまうかもしれませんね。

オシドリ、すっごいカラフルでした、
正直、最初は綺麗と思えなかったです^^
爬虫類的といいますか、熱帯の昆虫的といいますか、そんな印象で。。。
でも今では、とっても綺麗な鳥さんと思えますよ~、是非ライブで見てみて~!

野生でも、人工物に当たって、クチバシを折ってしまう鳥もいるのでしょうね、
野生では、食べ物が食べられなくなってしまいますので、命取りですが、
飼育環境下では、ハンディを乗り越えて、どうにかして生きていって欲しいです。
動物たちは、最後の最後の時まで、精一杯生きていこうとするのでしょうね、
その姿は、とても誇り高く、尊く感じます。
[2011/12/01 20:43] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

月子さん、こんばんは
オシドリの実物を見る前に、人形を先に見たら、
『この作者は、すごい色合いで塗っているなー』って、ひいていたかも。。。
まさか、こんな色をした鳥が、世の中にいると露ほども思わないと思います。
鳥の世界は、摩訶不思議です。
メスは地味ですが、すっごく可愛かったです、
最初は、派手すぎて不気味なオスと、お目目クリクリな可愛いメス、と思っていましたもの^^

動物園も、意外に事故が起きているようですね。
動物は予測できない行動とかしてしまうのでしょうが、
一生檻の中の生活、という不自由を強いていますから、
事故などでより不幸にならないよう、願います。
この子は上下ともクチバシが短く揃えられていましたが、
折れた方に、ジョウロの首(?)の部分を縦に割ったようなものをくっつけて、
長さを揃えている子も、別の動物園ではいるようです。
動物園の獣医さんも、いろんなケースに対応して、大変だな~って思います。

花札、子供の頃、親戚と遊んだ記憶が・・・、
赤とか黒とか、強烈な色合いのカードが、フラッシュバックしました。
コウノトリと松でしたか、
昔は、遊びのカードの絵になるほど、コウノトリは身近な鳥だったのでしょうね。

[2011/12/01 21:10] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

torotoroさん、おはようございます
鳥は、無駄に美しいですし、無駄に踊ったり、無駄に美声だったり。。。
人間の感覚に一番近いのは、鳥なのかもしれませんね。

鳥のオスが、メスや子供を外敵から守るために美しくなるという説は、初めて聞きました、
いろんな説がありますね。
オシドリは毎年ツガイを変えるという説や、その説は飼育環境下の検証であって、
野性のオシドリの実際の繁殖行動は、よく分かっていないとか・・・、
結局、分からないことだらけなんでしょうね。
想像力を駆使して、いろんな説を出して、自然の世界を楽しんでいきたいですね。
[2011/12/02 10:24] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


お久しぶりです(*- -)(*_ _)ペコリ
オシドリ・・・仲むつまじい2人連れみたいなショットが
良い感じですね(*^_^*)
橙色羽の部分に目が行きました(。◠‿◠。✿)

一枚目の写真
本物?って目をこらしてしまいました(笑)

[2011/12/02 23:30] URL | NIKO #mQop/nM. [ 編集 ]


オシドリ夫婦の後姿良いな~

雄の方はほんとにすごい配色ですよね!
雌は地味だけど可愛いお顔をしているわね
とてもきれいに撮れましたね
私も頑張ろう!(笑)
[2011/12/04 11:09] URL | アビmama #0ej1hy.w [ 編集 ]

NIKOさん、こんばんは
こちらこそ、ご無沙汰いたしております。

美男美女カップルを撮影させていただきました^^
水鳥のカップルは、いつも一緒に行動していまして、見ていますと微笑ましいです。
美男美女の2羽から生まれるヒナヒナは、これまたとーーーーっても可愛らしいです、
他のカモのヒナより、目が大きい気がします。
橙色の羽は、イチョウの葉っぱのような形をしていますので、イチョウ羽といわれています、
この羽を開いてメスにアピールして、求愛するようです、
オシドリのオスにとって、ご自慢の羽ですので、とっても目をひきますね。

オシドリのオスって、想像を超えた姿ですよね~、
私は最初見たとき、ちょっと不気味に思ってしまいました^^
[2011/12/04 22:27] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

アビmamaさん、こんばんは
いろいろ、ご心配事がおありですのに、コメントを頂きまして、申し訳ありませんでした。

オシドリ夫婦が、丁度仲良く並んでくれたところを、写すことができました、
動物園ならではの、近さです、
野生の鳥さんは、ボケボケのブレブレで、ブログに載せられるものが撮れません。。。
アビmamaさんが写された公園のハクチョウさん、とっても可愛かったです!
私も頑張ろう!(笑)

オスのオシドリって、最初不気味だったんです、
顔に白いところがあったり、あまりに多色遣いの色合いや、首周りの長い羽毛とか、いろいろ。。。
今は、鳥の羽はいろんな形状になることを知ったり、カラフルな鳥の写真を見たりしていくうちに、
『オシドリのオスも、アリなんだ』と思え、綺麗だな~とまで思うようになりました。
メスは大人しい色合いですが、とっても美しい羽でしたし、
クリクリのお目目と、目の周りの白いラインがとっても可愛かったです!

[2011/12/04 22:43] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


こんばんは
おしどりの羽の色は凄いですね。
複雑に入り組んでシックな色合いですね。
雌の気を引くために鳥たちはダンスをしたり綺麗な巣を作ったり大変な努力をしていますね。
子孫を残すために懸命ですね。

コウノトリも動物園の中では狭いでしょう。
嘴を折るなんて可哀想ですね。
[2011/12/05 20:05] URL | 萌猫 #mQop/nM. [ 編集 ]

萌猫さん、こんばんは
とっても複雑な色合いですね、
秋の紅葉がとても似合いそうな、シックな色合いですね。
黄土色の大きな羽は、ちょうどイチョウの葉っぱが紅葉したようです、
この羽の名前をイチョウ羽というそうです。

鳥のオスは大変ですね、
メスに選んでもらうために、目立って外敵に見つかることになっても、
アピールのために命かけていますね。
動物たちのいろんな生き方を知るのは、とても興味深いです。

動物園の生活でも、危ないことはいろいろあるようです、
狭い空間に一生閉じ込めているのですから、それだけでも可哀想なのですが、
ケガまで負わせてしまって、ヒトとして申し訳ない気持ちでいっぱいになります。。。
[2011/12/06 23:01] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


 同じ方向に並んだオシドリ、色に惑わされずに眺めていると雌の方が
美人さんのように見えますね。

 シュバシコウと言う鳥がいて、赤ちゃんを運んでくれるのだとか・・・
初めて知りました。
今日(あ、昨日になりました)娘の所に男の子を運んでくれましたよ。
             ありがとう!
[2011/12/07 01:30] URL | キレンゲショウマ #- [ 編集 ]

キレンゲショウマさん、こんばんは
お返事が遅くなってしまいまして、申し訳ありません。

おめでとうございます!!!
お嬢様のご出産、とても嬉しい出来事をお伺いいたしまして、
シュバシコウともども、喜んでおります!
とっても素敵で賑やかな、年末年始になりますね、
生まれたてホヤホヤの赤ちゃん、
キレンゲショウマさんのお宅に生まれて、とても幸せですね、
元気なご成長を心より願っております!

お嬢様も、ご出産で大変でしたね、
お母様のキレンゲショウマさんのもとで、ごゆっくり回復なされるといいですね。
[2011/12/09 19:38] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onagasan.blog65.fc2.com/tb.php/199-dec49692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。