プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪湖の鳥
前回の記事で『ダーウィンが来た!』の内容がカワネズミと書いてしまいましたが、
間違えました、楽しみにされた方(いるかな~^^)、申し訳ありませんでした。
そのときはシャチの特集でした、翌週はミツツボアリ、そして明日がいよいよカワネズミです。。。
シャチの頭脳的過ぎる狩りや、自分の体を蜜壷にして仲間のアリの貯蔵庫になるミツツボアリ、
生き物の世界は、奥が深いです、面白いです!!!

北海道の冬、流氷の上にたたずむオオワシ、オジロワシ、
一度見てみたい光景ですが、
北海道は、はるか彼方。。。
そんな自分の前に、なんと結氷した諏訪湖上に、鳥の姿が!
RIMG0020aaa_convert_20120317125537.jpg
カラスです。
いいんです、カラスでも、なんだか感動しましたよ。
プチ北海道。

何故、このカラスたちは氷上にいるのか、
氷の上に食べるものなんかないような気もしますが。
RIMG0018aaa_convert_20120317125503.jpg
何かつまんでいます・・・
陸上の食べ物を人の来ない氷上に行って食べているのかなぁ???

この子は氷の上で、ツルツルしていました。
RIMG0021aaa_convert_20120317125602.jpg
なんだか遊んでいるようにも見えるところが、カラスだな~~。

スズメが懸命に食事をついばんでいました。
小鳥たちの必死の姿、心打ちます。
RIMG0029aaa_convert_20120317125627.jpg
長野の春は、まだもう少し先、がんばって生き残って!

今回の写真は1月中頃のものです。
この時、諏訪湖に張った氷が、動いてきしむ様な音を聞きました。
なんだか地の底から鳴るような、耳に残る音でした。



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

コメント
こんにちは
今は だいぶ 氷も溶けているのではと
思いますが カラスやすずめ 見慣れた鳥が
元気に過ごしていると ほっとします
寒いのは苦手ですが 水墨画のような世界は
とても 素敵に見えます
[2012/03/17 16:09] URL | みかん #RIBVchHI [ 編集 ]


こんばんは。

諏訪湖あたりは急に雪がふるんですよね。
すごく寒いイメージがあります。
諏訪湖と言われなければ、北海道ともw
沖縄もいいですけど北海道は未経験の私。
こちらもぜひ一度訪れてみたいところです。

以前、塩尻に用事があって行ったとき
車を運転して行ったのですが、帰りに塩尻峠で
10時くらいにまっくらななか、大量の赤く光るものに
遭遇しました。
頂上近くになればなるほど数が増えていくんです。
夜中にゴマやQooの目が赤く光るのを知っているので
怖くはなかったし、動物だろうとぴんときたのですが
なんと100頭くらいの鹿のむれだったんです。
幻想的というか神々しいというか感動でした。
11月初旬だったのですが、そのときも
雪が舞っていて、すばらしいシチュエーションでした。

あ、つたない"えのころ"にもご訪問ありがとう、です。
[2012/03/17 22:50] URL | torotoro #- [ 編集 ]

こんばんは。
うわ!冷えてますね。。

伊豆沼でもオジロワシが3羽来てますよ、、
少し前~・・沼の中央部に2羽~氷の上に居ましたが。。
ゴマ粒くらいしか見えませんでした。。
丁度~持っていたズームレンズで確認できました。。

ま、撮れなくても先輩方が撮ってくれていますので。。
。。
ああ~北海道はスゴク沢山いるようですね。。。

北海道はやっぱスゴイ!
[2012/03/18 19:59] URL | G1 #- [ 編集 ]


プチ北海道気分?うふふ、ナルホドここまで凍るとそう見えますわ^^
カラスか、おしいなぁ。せめてもちょっと違った野鳥さんだともっと雰囲気が・・・
でもね、ここまで凍らないのがこちらなので有る意味、プチでも味わえるのが羨ましいです。
だって、氷がきしむ音まで聞こえたのなら尚更ですよ。興奮しますよねっ!
氷、結構な厚さに見えますが。。
この冬は本当に寒いです。春は近付いていますが、それでも寒い!
野鳥達も厳しいでしょうが、彼らは生き延びる生命力が我々よりあると思うんですよ。
数は減っても、頑張っているのが逞しいのです!
だって、生きようとしているじゃないですか必死に。
若者達も見習って欲しいんだよなぁ~~~。。。
[2012/03/18 22:40] URL | サラーム #- [ 編集 ]

みかんさん、こんにちは
今日、諏訪湖を遠くから眺めましたら、
すっかり湖面は解けていました、
こちらも日差しが春めいた気がします。

いつも目にする鳥さんが、元気にいてくれることって、
とても大事なことなんですね、
みかんさん言葉で気づきました、ありがとうございます!

ドンヨリとした曇り空の下で、寒さ倍増の日でしたが、
目の前で凍った湖を見ることが出来てよかったです。
こちらも少しずつ暖かい景色になってきそうですが、
もう少し長野の冬景色をお届け出来たらと思っています^^

コメント、ありがとうございました。
[2012/03/19 14:05] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

torotoroさん、こんにちは
諏訪地方の冬は、雪ではなく氷なのだと聞きました。
内陸型気候にある諏訪地方は、降水量や積雪は、長野県北部に比べて少ないのですが、
乾燥した寒さが身にしみます。
諏訪地方に雪が降る気圧配置は、太平洋岸を低気圧が通過するときで、
冬の終わり頃が多いそうです。。。ということを以前チマチマ調べておりました^^

北海道も日本離れ(?)した景色ですね。
あまりに広すぎて、行くところを念入りに吟味する必要がありました、
少し後悔する北海道旅行をした自分です。。。

塩尻峠で赤く光るもの・・・UFOのお話かと思っちゃいました。
100頭近くとは。。。感動的な出会いでしたね~。
野生動物との出会いは、とても印象に残ります、
日ごろの人間ばかりの世界から、本当はたくさんの命が生きているんだよ、と教えてもらえます。
雪の中でのシカの群れ、想像しただけでも、幻想的な光景が浮かびます、良かったですね!!!
でもでも、雪の中、夜中の塩尻峠の運転、凄いです!

〝えのころ高原村日記〟
始まりの、雨のなかを歩く姿に胸を打たれました、
外で暮らしているネコさんたちは、みんなこんな生活をしているんですね、
世の中のネコさんたちがみんな〝えのころ高原村〟で幸せに暮らして欲しいな~、って思いました。
作品を描くことは、物凄くエネルギーを使いそうですね、
楽しみしていますが、ご無理のないように。。。

コメント、ありがとうございました。
[2012/03/19 14:40] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

G1さん、こんにちは
冷え冷えで、凍り付いていました^^

伊豆沼、いいですね~いいですね~いいですね~、
私の中では〝伊豆沼=ガン〟です。。。
ガンたちの顔の小ささは、モデルさんなみです。
諏訪地方には現れてくれないようで、とっても羨ましいです。

オジロワシも来ていましたか。。。
野生のオジロワシ、大きいんでしょうね~、格好いいんでしょうね~。
やっぱりカラスくんとは、大違いなのでしょうね。

北海道で海ワシたちを見たい気もしますが、
冬に、寒い長野から、もっと寒い地方に行くのも悲しい、
やっぱり暖かい南国に行きたいですぅ。。。

コメント、ありがとうございました。
[2012/03/19 14:58] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

サラームさん、こんちちは
長野に来る前は、こんな世界を想像もしていませんでした。
そこらの池、沼、用水路が凍り、こんな大きな湖が全面結氷。。。
まだまだ見慣れない景色に浮かれますが、
その分、毎日が、寒くて寒くて寒いです。
この冬、なんど千葉に戻りたいと願ったことか。

氷のきしむ様な音は、興奮です。
力がかかって、せめぎ合っている低い音、今まで聞いたことの無い音です、
流氷の世界では、もっともっと鳴っているのでしょうね、
自分で聞くまでは、そんな音がすることすら、考えてもみなかったです。
氷が波で岸に運ばれ、そこで凍りついたのか、岸辺の氷は波の形で凍って、厚みも増している感じでした。
そして、カラス。。。出来ればトビさんだったらもっと嬉しかったのですが、
それなりの大きさで、それなりの群れ、ということで、雰囲気だけは味わえました^^

自分が野生動物になったら、一日たりとも生きていけないです、
彼らは、生まれながらの強さがありますね、
学校で生きる力をどんなに語っても、虚しい気がします、
自分たちのすぐ側で生きている、彼らの姿を気づかせるだけでいいのに。。。

コメント、ありがとうございました。


[2012/03/19 15:31] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

こんばんは~*
大きな湖に氷がはるなんて、よほどの寒さですね^^;
人間がのって遊ぶには、少し薄いのでしょうか?
カラス、なにをつまんでいたんでしょうね。
抜け目ないので、きっとおいしい食べ物なのでしょう^^
スズメはちいさなものをお腹いっぱいになるまで、どれだけついばめば
いいのか知りませんが健気ですよね。
冷たい水につっこむカワセミと、どちらがましなのか・・・^^

氷の音・・・そんな不思議な音を聴けば手を合わせたくなるのでしょうね^^

私も途中からカワネズミを見ました。
目が見えないし、手には獲物をつかむ鋭い爪もなしで
かなり不利な状況ですが頑張ってましたね^^
小さいのに懸命に生きていましたね。
人間が小さき物にしてやれることは、自然を大事にでしょうね^^
[2012/03/19 20:22] URL | miaow* #- [ 編集 ]

miaow*さん、こんにちは~*
諏訪湖の氷は厚さにムラがあるようで、乗ってはいけないことになっています、
この冬の初め、諏訪湖が凍り始めたころに、氷に乗って落ちた人がいまして(無事でしたが)、
地元ニュースでは、繰り返し流されていまして、落ちたら恥だな~と心から思いました。

冷たい水の中にダイブするカワセミも辛いですね、
ダイブするまで延々と寒い川沿いで見張っているのも、固まりそうです、
みんなみんな必死感があるのに、なぜかカラスだけは余裕に見えてしまいます・・・
あの大きな体を養うのも苦労があるでしょうが、
そこは抜け目の無いカラスのことですから、うまいことやってるんだろうな~、って感じですね。
氷の音は、低くて、少しの怖さと心地よさが合わさったような音で、神聖な気分になりました。

カワネズミ!ご覧になられましたか!!とっても嬉しいッス!!!
あんなに凄い生き物が日本にいたなんて、知らずに生きていたなんて勿体無かったです^^
日本に生きている、せめて哺乳類だけでも全種類、学校で教えるべきではないかと、最近思います、
彼らを知ることが、自然を大切にする気持ちや、俗に言う命の大切さ、とやらを実感できるのではないかと。
橋本さんに国歌斉唱より、推し進めていただきたいものです^^

コメント、ありがとうございました。
[2012/03/21 12:40] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

氷上のカラス!
ぼやっちさんへ

こんばんは!
初めてコメントいたします。

カラスはどこにでもいる鳥ですが、観察していると楽しいです。
凍った湖で魚でも探しているのでしょうか?

また、石らしき物をくわえていたカラスもいました。
何か、遊ぶために石を持っているのでしょうか?

これからも、諏訪湖周辺の鳥情報。
教えてください!v-519
[2012/03/28 19:22] URL | duck4 #Vt/ZXMnQ [ 編集 ]

duck4さん、はじめまして
ご訪問、コメントを頂きまして、ありがとうございます。

カラスは、とても興味深い鳥さんですね、
頭が良すぎて、困ることも多いのですけれど、
とても人間のことをよく知っている動物だなと思います。

彼らは氷の上で何をしていたのか、結局分からずじまいでしたのが残念です、
彼らは遊んでいる、と思わせますね、
そして、本当に遊んでいるようでした。

タイトルに鳥とついているブログですが、実は鳥さんの登場の少ないブログなんです、
すみません。。。鳥さん、なかなか写真に撮れなくって。
また鳥さん情報をお伝えできるように、がんばります。

コメント、ありがとうございました。
[2012/03/29 22:07] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onagasan.blog65.fc2.com/tb.php/211-930f1bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。