プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八子ヶ峰 西峰
八子ヶ峰は蓼科山と霧が峰の間にある、横に長い山で、
山頂が西峰・東峰と2つあります。
尾根に出ますと、八ヶ岳の蓼科山を横に見て歩く道が続きます。
八子ヶ峰は、蓼科山の展望の良い山として、知られています。

今回は八子ヶ峰の西峰山頂を目指しました。
登り口は、ロイヤルヒルスキー場のゲレンデからです。
ではでは、八子ヶ峰登山の始まりですが、
初っ端から、スキー場のゲレンデの斜面を一気に登ります。
スキーで滑り降りるためのゲレンデ、
歩くには、ちょーっと、足にきました。。。
ゲレンデを登りきって、後ろを振り返ると、
車山が真正面!
RIMG0016aaa_convert_20131019073631.jpg
(左端の1番高い山が車山)
なだらかな草原の山が、車山へ続いていく景色をばっちり眺めることが出来ます。
そこから少し登ると、白樺湖も見えてきます、
白樺湖の湖畔は、ホテルやお土産屋さんが並んでいます。
RIMG0028aaa_convert_20131019073705.jpg

ここから、多少の上り下りをしながら、
西峰の頂上へ向かっていきます。
左手には蓼科山が付き添ってくれますよ、豪華なパートナーです。
RIMG0055aaa_convert_20131019082213.jpg

頂上の少し手前に、スンゴイ登りが待っています、
短いのですが、急斜面を直行のため一気にクルんです、
RIMG0068aaa_convert_20131019073953.jpg
(急勾配の斜面。。。)
でも短いんで、もうだめだ~~と思ったぐらいで、登りきります。
西峰山頂には、そこからすぐに着きます。

山頂からは、蓼科高原から茅野の町まで見下ろせて、うわ~~~ってなります!
RIMG0122_convert_20131019074259.jpg
RIMG0112_convert_20131019074448.jpg
山肌は紅葉で、黄色や赤がポコポコ混じっていました。
出かけは快晴だったのですが、
八ヶ岳にはすっかり雲がかかって、山頂からの八ヶ岳の景色は残念なものに
山に雲がかかるのって、本当にあっという間、
山登りを始めた当初は、こんなに急激に山が見えなくなることにビックリでした。

東峰の山頂へは、西峰からなだらかに続く稜線をわたっていきます、
RIMG0124_convert_20131019074557.jpg
(尾根を歩いた先の平らな辺りが、東峰の山頂)
が、今日はここまでで、帰りました。
山頂からの下りが、とっても短いのですが岩々の急な下り、
ヘッポコなので、こんなところも恐いんです。
RIMG0127aaa_convert_20131019074639.jpg
またその続きで笹薮を少し降りるんですけど、そこも怖い、
笹で足元が見えない!
RIMG0136_convert_20131019081350.jpg
(笹の中に道が埋没)
歩いていると大きな石があったり、突然窪んで落ちたりと、
超怖いんですけど、
それは私だけだったようで、ダンナはごく普通に歩いていました、ナゼ???
『これって、藪漕ぎって言うんだよね』と聞いても、
『全然違う』の一言。藪漕ぎはこんなもんじゃない、らしいです。。。
この下りの道は、登りに使うべきだったんじゃないの!?という突っ込みは、
胸に収めて、神経を集中させて、一歩一歩踏み出して降りました。

八子ヶ峰は、八ヶ岳の眺望はもちろんですが、
なだらかな尾根歩きが、とても気持ちの良い山でした。
ヘッポコな自分は、怖いところもありましたが、
普通の方なら、全然危ないところもない、
トレッキング感覚で登れてしまう山だと思います!



スポンサーサイト

コメント
こんにちは
景色 すんばらしい♪
それに ご主人と一緒だから 安心して ついて行けますね
笹で埋め尽くされた道を歩くのは こわいですね
わたしも そういう場所 こけたり 足くじいたり
足手まといになること必須 ><
元気で 何度でも チャレンジしたくなる場所ですね
[2013/10/20 11:47] URL | みかん #RIBVchHI [ 編集 ]


読んでいるだけで私は途中でヘロヘロになるなぁ~って想像しちゃいました^^
上まで行ったらどんな景色が広がっているだろうか・・・という好奇心だけが頼りになりそう。
スキー場の斜面はキツそうですね~。
登って来た足で湖を眼下に見るって、何だか爽快!
やってみたいとは思うのですが・・・

山の天気は本当に変わり易いから、登っている時に見えた景色がいきなり消えてしまうんだもん!
紅葉の時に登るのは昨年やって気持ち良かったですが、今年は行かないだろうなぁ。。
綺麗なのにね。(根性無いからなぁ~^^♪)
[2013/10/20 14:22] URL | サラーム #- [ 編集 ]

みかんさん、コメントありがとうございます
岩場とか笹で足元が怖いところでは、
ゆっくりゆっくり、物凄くゆっくり歩きます。
焦って怪我をしたら、余計めんどうですもんね。
ゆっくり歩いても、怖いです。。。

怖いけれど、きれいな景色が待っていると思うと、
行きたくなってしまいます、
元気なうちは、がんばります!
[2013/10/20 19:35] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

サラームさん、コメントありがとうございます
ゲレンデは、やっぱり下るものですよね。
初心者コースのようでしたので、
短く、まだ大丈夫でしたけれど。
サラームさんは、私の憧れの千畳敷カールに
行かれていらっしゃるではないですか!
全然平気で歩けると思います^^
千畳敷カール、私もいつか、行くんだ!・・・多分。

いつ湧いたんだ!ってビックリするぐらい、雲が覆っていました、
近いので、諦めが付きますが、
遠出して景色が雲!って時は泣きます。

紅葉、是非お出かけになって、
写真をアップアップしてくださいな!

[2013/10/20 19:44] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


こんばんは♪

山頂の景色素敵ですね♪
スキー場ってリフト使わないと、ホントきついですよね!
蓼科とか霧ヶ峰辺りの山はまだ登ったことがなくて、
来年あたりそちら方面にも足を伸ばしたいです(*^^*)
今年は遠くの山はもうおしまい。
あとは近場をウロウロ予定です(笑)
[2013/10/21 22:25] URL | mokos619 #- [ 編集 ]

mokos619 さん、コメントありがとうございます
スキー場のゲレンデは、ひたすら登り、
滑り降りることだけ考えてますからね^^
 
霧が峰あたりの山は、
なだらかな、丘のような山が続いていますので、
トレッキングのつもりがいいですね。
笹原の山なので、爽やかな風を感じて、
気持ちよく歩けます、
ダラダラと同じような景色が続くと言われると、それまでなんですけど(笑)

mokos619 さんは東海地方ですよね、
近場も楽しめますね♪
[2013/10/22 13:49] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onagasan.blog65.fc2.com/tb.php/225-aa8cc4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。