FC2ブログ
プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北八ヶ岳 北横岳2
前回の続きです。

強風の坪庭のコースから、北横岳登山道へ入っていきます。
樹林帯の登山道は、驚異的にピタッと風がなくなります!!!

さて、今回の雪山登山『スノーシューで行くのかな?アイゼンで行くのかな?』と思いきや、
「途中にある山小屋まで、登山靴で行く」ことに。。。
「基本は登山靴でちゃんと登れるようになるんだ」と最近何故か、やたらと鍛えたがるダンナ。。。
北横岳の登り始めは、それほど急勾配がなく、私でも登山靴で登ることはできましたが、
DSC_0002_convert_20140203094608.jpg
刃で雪を捉えてないので、ズリっとなって歩きづらいです。
でも人気の山のため雪が程よく人に踏みしめられて、雪に埋まることはなかったですよ。

登山道途中の展望、坪庭が雪に埋没
DSC_0001aaa_convert_20140203094833.jpg

雪道の歩き方をダンナに教わりながら歩いているうちに、山小屋に到着。
DSC_0326aaa_convert_20140203224831.jpg
登山靴で登れたことに、有頂天、やればできるじゃん…なんて
山って出来たことが分かりやすくて、単純な私はそこらへんも好き!

山小屋から頂上への道のりは、私では登山靴では無理なため、アイゼンを付けました。
山小屋を超えると勾配は今までと違い急になりますが、
それまでアイゼンがなかった分、歩きやすくさえ感じました、
・・・が真の雪山は森林限界を抜けてから始まったのです。

樹林帯が終わる手前、目の前に空が見え始めたところで、
「樹林帯を抜けると風が強いから、頂上では留まらずにさっさと通り抜けろ」との指示。
「え~~~、せっかくの頂上なのに」
「風が強いから、頂上を過ぎた稜線の樹林帯にすぐに入るんだ」と何度も念を押す。
風が強い、頭では「はいはい」って分かったつもりだったんですけど。。。
DSC_0011bbb_convert_20140203101855.jpg
          (指示を受けた場所から山頂方面)

樹林帯を抜けたそこは風が強いどころではなく、暴風吹き荒れる嵐のドマンナカ。
人生初のこれほどの風を、足下は雪、つかまる物も何もない山頂で経験するとは・・・、
動けません、足を出すと風に浮いて恐怖、転んで落ちちゃうよぉぉぉぉ。
いつまでも暴風の中で足を踏ん張っている私に、しびれを切らしたダンナがお助けに来て、
手を引っ張って樹林帯の稜線に引き入れてくれました
風が強いのは同じですが、つかまるものがあるという安心感、サササーっと走り抜けることが出来ました。

山頂からの展望。
DSC_0032_convert_20140203102509.jpg
モチロン私は写真を撮っている場合ではなかったので、ダンナの撮影。
よく写真撮れたね~と言うと「強い風だったけど、全然大丈夫」・・・だそうです。

北横岳は名前が示すとおり、横に長い山で、山頂が2箇所あります、
1箇所の山頂をようやく超え、稜線を歩き、もう一つの山頂へ向かいます、
・・・がまたまた、長くなりましたので、続きは次回^^



スポンサーサイト

コメント
こんにちは
つかまるものがないと 強風にあおられて
ころんころんと 転びだし 大変
ぐいっと 助けに来てくれるなんて
やはり 持つものは 旦那ですね、大事にしないとね
[2014/02/04 10:38] URL | みかん #RIBVchHI [ 編集 ]


こんにちは
入院のコメントありがとうございました。
全快とはいきませんがとりあえず元気です^^

北横 楽しそうですね。
シュー&アイゼンなしで小屋までですか。
ホント楽しそう!おいらも小屋から上はアイゼンですね。きっと・・・
来年シーズンでいいので、よかったら連れて行ってください。
相方登山はするんですが、冬山はムリと言い、装備もというより行く気がないです。
おいらは、スノーポンしかないですが、よろしければ是非^^
今シーズンは、冬山はよだれ垂らしながら見送ります(涙)
[2014/02/04 11:30] URL | サーフ #UGOI75a2 [ 編集 ]


頼もしい旦那さんですね(^^)
安心して身をまかせられますね。
いや〜奥が深い!ドラマを観てるよう。
続きが楽しみです。
[2014/02/04 12:20] URL | popo★3 #.pSilNQU [ 編集 ]


こんにちは。
何だかもう凄い事になっていますね。
仁王立ちになって動けなくなる感覚って怖いですね!
それにしても、ご主人様を惚れ直す絶好のチャンスでした⌒▽⌒)
人生の折り返し点で、良い機会に恵まれ羨ましいです。
[2014/02/04 17:05] URL | 優の水彩工房 #- [ 編集 ]

みかんさん、コメントありがとうございます
すごく細いロープが途中まであったんです、
そんな細いロープでも物凄く心強かったんですけど、
途中で終わっているし。。。
風に煽られて転びましたでは済まなさそうで、
あれ~~~~って落ちたらどうしようって考えましたら、余計動けなくなりました、
いろいろ悪い想像ばかりしているのがよくないのでしょうが、怖がりで(>_<)

ダンナは、山では頼りにしているのですが、大事にしていたかな?^^
大事にするように心がけますね(^^ゞ
[2014/02/04 20:10] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


冬山・・・寒そうと思いますが
虫もいないし熊も寝てるのか~いいかも
(時々間違って起きてしまってi-191いらっとしてる熊に出会いそうだけどi-201

触れないのに
セミやら何やら道路に落ちてると拾って土とか木のとこまで運ぶので
(何故か気がすまない)虫に出会いたくないですわ~
多分私って不審者なんだと思うけど・・・

足が多すぎるのとか足がないのがもっとも苦手なので
ヤマビルとかTVで見ちゃって
山にあまり近づきたくないと思ってしまいました

でも方向音痴で仕事以外ぼ~~っとしてるので
雪の中では遭難しそう

旦那さま、すごいですね
何故そこまでぼやっちさんを鍛えるかというと

やっぱ一緒に遊びたい、行動したいんですよねi-189
[2014/02/04 21:16] URL | おかめパッチ #- [ 編集 ]

サーフさん、コメントありがとうございます
病は突然とはいいますが、本当に大変でしたね、
3月にも病院が控えていらっしゃるようですが、
これで病のもとがなくなるのでしたら、安心ですね。
まだ全快でないお体なので、くれぐれも巷に流行っているウィルスなどには、
お気をつけて、お大事になさってください。

今回の登山、途中まででも、まさか登山靴で行くとは思わなかったので、
最初はビビリましたが、歩いてみますと、これが面白かったですよ!!!
ふだん刃で滑らずに登るから分からなかった雪の坂道の感じが分かって良かったです。

わぁ、来年シーズン、サーフさんとご一緒できるんですか!!!
そ、それは、光栄です!!!・・・が、
鍛えておかねば・・・^_^;
多分ブログではうまくお伝え出来ていないと思いますが、
私の歩きは酷いヘッポコで、ひぇ~~~、こえ~~よ~~、が口癖(T_T)
やたらと鍛えてくるダンナに頼んで、普通に登れるぐらいになっておかねば(^^ゞ
山小屋まで登山靴でレッツゴーですね^^

[2014/02/04 21:36] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

popoさん、コメントありがとうございます
ダンナは山限定で、頼りにしております^m^
やたらに鍛えてくるのは困り者なんですけどね、
私が超怖がりで小心者なので、彼はイライラしているのですね、きっと(T_T)

そうなんだ!!!
私ドラマの主人公なんですね!(^^)!
山でハイテンションなのは『ヘッポコさん、山を登る!』ってドラマの中なんです、自分。
山では思ってもみない事が、いろいろあるので、楽しかったり恐ろしかったり。。。^^
ヘッポコさんドラマ、見ていただけて、本当に嬉しいです\(^o^)/
[2014/02/04 21:46] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

優の水彩工房さん、コメントありがとうございます
こんにちは。

はい、凄いことを経験してきました、怖かったです(T_T)
頭では、こんな風の中でいつまでも突っ立てないで先へ進むんだ!って命令しているんですけど、
体が本当に動かない、動かすとフワって風に浮いてもっと怖いんです。。。
その時「私 今晩、家で夕飯食べれるんだろうか」って思ったことを覚えています(^^ゞ

ダンナには、山では控えめな女ですから(笑)
まさか、この歳でこんな過酷な体験をせねばならなくなるとは思いませんでした。
基本、コタツでゴロゴロしていたい人間ですので^_^;
なのに雪山の山頂で暴風に吹かれていなければならないのは、ダンナのせいなので、
さっさと助けなさい!って感じですかね~~~(^_-)
[2014/02/04 22:00] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

おかめパッチさん、コメントありがとうございます
そうなんです!冬山の良いところはいないんですよ、会いたくない者たちが!!!
虫駄目です(>_<)
おかめパッチさん、駄目なのに、ちゃんと助けてあげるなんて、素晴らしすぎます。
不審者でもいいんです、虫にとっては神様なんですから(^_-)
私、虫食いの鳥さんと一緒に暮らして、家に虫が出たら、
「行け!」と放鳥して虫を捕らえさせる生活に、真面目に憧れます、プチ鷹匠^m^

ヤマビル、まだ山で出遭ったことはないですが、私もテレビで超気持ち悪い映像なら遭遇。
こんなときも、虫食いの鳥さんに活躍してもらって。。。って鳥さんが負けちゃうかも。
先日「風の谷のナウシカ」を見たのですが(ナウシカを知っているものとして話しですみませんが^^)、
あれって、よく考えると虫なんですよね、巨大だと虫っぽくなくて大丈夫なのかな~って、
変なことに悩みながら、見ていました。

やだ、おかめパッチさんも方向音痴!?嬉しいですわ。
方向が分かるダンナは、方向音痴がそもそも理解できないらしい、
私もそっちの人間に生まれたかったです(>_<)
山で方向音痴は、命に関わりますので、私は山ではダンナ様様になります。
そして彼が最近何故私を鍛えたがるのかですが、
そう、私と遊びたいんです!!!ではないようで、
超怖がりで、小心者で、へっぴり腰な私を、
少しでも普通の人間に近づけたいからだと、推察しております^_^;

[2014/02/04 22:29] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


厳しい指導員なんですね、旦那様って・・・
体育会系だな^^
いやいや、冬山登山は本当に自然が厳しいですね。
強風で遭難・・ってことを想像してしまった。。
よく知る人と一緒でないと怖いな、と読んでて思いました。
頼もしいご主人と一緒で良かったですね~^^♪
[2014/02/05 08:42] URL | サラーム #- [ 編集 ]

サラームさん、コメントありがとうございます
最近隙を見ては、指導したがるダンナ、山男なので、山では張り切っています。
でも今回北横岳に行って思ったのですが、
北横岳は初心者でも楽しめる雪山なんですが、
天候次第によっては、やっぱり危険な感じもしました。
山では、ベテランのダンナのいうことを、大人しく聞いておこうと決めました(^^ゞ

私はあまりにヘッポコですので、普通以上に怖い印象をもたれてしまうかもしれませんが、
他の方の山レポとか読みますと、北横岳は本当に簡単に登っています、
人によって全く違いますので、
ヘッポコの私の記事で、怖がらせてしまって申し訳ありません<(_ _)>
私も怖かったですけど、充分楽しむこともできましたよ\(^o^)/
[2014/02/05 10:03] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onagasan.blog65.fc2.com/tb.php/265-d267e853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。