プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八子ヶ峰 スノーシュー
八子ヶ峰のスノーシュー、
この日はドカ雪の後で、人もあまり入っておらず、
コースの全てで新雪歩きが出来てしまいました\(^o^)/

吹きさらしの雪面には雪の波が造られておりました。
RIMG0048_convert_20140312213214.jpg
ああキレイだ、と何度言ったことか。

目の前の雪面がキラキラ輝いているところもあります。
RIMG0052_convert_20140312213255.jpg
雪の表面が解けたり凍ったりして出来たのかな?
触ってみますと、手袋にキラキラの破片が!
RIMG0092aaa_convert_20140312213451.jpg
「見て見て!パン粉みたい!!!」って言ったら、
「腹ペコの感想だな」と笑われる。。。(-"-)
私の表現力ではこんなものです(T_T)

最初の急斜面を登りきりますと、蓼科山が迎えてくれます。
RIMG0087_convert_20140312213408.jpg
蓼科山を横に見て、尾根に出ますと雪原を緩く上り下りの道が続きます、
RIMG0115_convert_20140312213530.jpg
この景色好き。

カラマツ林の中の少し急な登り、ここでやられました、疲れました(T_T)
RIMG0135_convert_20140312213605.jpg
樹林帯は雪が柔らかくスノーシューでも沈みながらの登りになります、
とてもとても足にきます。。。

でもダンナのつけたトレースには乗りたくない!新雪を行くんだ!と、
意地でも新雪歩きを続行。
そうすると、八子ヶ峰山頂手前の超急斜面が現れる。。。
RIMG0140_convert_20140312213643.jpg
ここは急斜面を斜めに登っていきますので、幅広のスノーシューが物凄く邪魔、
足の置き場が無いんですよ、自分のスノーシューを踏んで転んで、怖い。
でも距離はとっても短いので、怖いながらも楽しめる場所でした^m^

この日はポカポカした陽気だったのですが、さすがに山頂は風があり寒い!!!
山頂からの景色を撮るダンナの写真を撮ってサッサと下山です^_^;
RIMG0168_convert_20140312213810.jpg
         (あんまり端っこ行くと、危ないよ~~~)

下山が辛かったです、往きの樹林帯の疲れが全くとれず、足が重い。。。
ダラダラダラダラ歩いているとダンナの叱咤激励(?)が飛ぶ。
スノーシューの重みが足枷のようで、外してしまいたかったです(T_T)
RIMG0182_convert_20140312213846.jpg
こんなに疲れても、景色は美しい、
こんな景色があるから、歩いているんだろうな。

八子ヶ峰のスノーシューのコースの最後の下り斜面、
前面に車山を見ながら下っていくこの道は、テンション上がります!
RIMG0188_convert_20140312213912.jpg
だが、この斜面は物凄いトラップが雪の下に隠れていますので、ご注意を(>_<)
スノーシューを履いていながら、胸の下までズッポリはまりました、それも2回。。。
スノーシューを履いて雪にはまりますとね、酷い目にあいますよ、
スノーシューが抜けない。。。雪の重みでビクともしない。。。
疲れた体に鞭を打って、ひたすら手で雪を掘り、スノーシューを掘り出しました、それも2回。。。
サラサラの雪は、掘っても掘っても上から雪が崩れ落ちてくるんですよぉぉ~~~。
まあ、そんなこんなも、楽しい体験・・・かな(#^.^#)

この日の八子ヶ峰スノーシューは、今シーズンこれでもう思い残すことはない!
というほどスノーシューを存分に堪能出来たコースでした。
やっぱりスノーシューって楽しいですね・・・また行くかも^m^





スポンサーサイト

コメント

スノーシューって私が子供の頃あったミニスキーが進歩したものでしょうかv-410
普通のスキー板より簡単そうに見えて
なかなかバランス取りにくくて
足元だけが先にずるっと行って尻餅ど~ん!って感じだったのですがi-229

雪の結晶はそれぞれ美しいですよね
寒い地域の雪は黒いセーターにつくとほんとに宝石ですi-189

日本家屋でこたつに入って
しんしん降る雪を眺めたくなりましたv-289
[2014/03/12 23:49] URL | おかめパッチ #- [ 編集 ]


絶景!
雪と格闘!
旦那さんのサポート!・・・自我を通すぼやっちさん!
素敵な1日ですネ、恨めしい・・・
我が家は骨折と前歯がおれてアゴを5針縫った息子の後処理で走り回っております。
如来様にお願いしようか?などと考えている情けないmarukeiです。
[2014/03/13 07:43] URL | marukei #- [ 編集 ]


気持良い風景が広がっていますね~。
空気が冷たくて美味しそう!
頂上から独り占めの景色ってのは最高ですなぁ~♪

まぁ!ズボッとはまったら抜け出せないなんて何だか怖いです。
確かに雪に引っかかって上げられないのが想像出来ます。
体力・脚力が必要ですね。
読んでいて足が疲れたわ^^
[2014/03/13 11:26] URL | サラーム #- [ 編集 ]

こんにちは
パン粉 いい表現だと 思います、
主婦には あ なるほど、って わかりますし^^
人の歩いた道より 何物も踏み入れてない新雪を
踏んでいくの 気持ちいいですね
また 行きたいって よほど いい景色んでしょうね
それとも 叱咤激励が いい感じなのかな^^
[2014/03/13 14:31] URL | みかん #RIBVchHI [ 編集 ]

スノーシュー
ぼやっちさん、

 こんばんは。

 スノーシュー、楽しそうですね。
 天気も良く、景色もいい。 そんな雪原の上を歩いてみたいです。
 (スノーシューの経験ゼロです。)

 きっとランチも楽しいんだろな。

六甲山探検隊
[2014/03/13 18:07] URL | 六甲山探検隊 #- [ 編集 ]


いいですねぇ~、八子ヶ峰も。
トレースを外して歩きたい!ってよく解ります。
美ヶ原でも車山でもトレースの無いところばかり選んで歩いてました.
歩き続けると結構、疲れちゃいますがね(^^).
スノーシューでも深くはまっちゃうって...圧雪されていないって事は、ああまり人が来てないって事ですよね。
大変でしたね。
でも、スノーシューはやめれない(^^)。
[2014/03/13 21:15] URL | きさく #mQop/nM. [ 編集 ]

おかめパッチさん、コメントありがとうございます
ミニスキーというものを知らなかったので、調べてみました、
可愛いですね~~、でも逆にスキーより難しそうな感じがしました。
スノーシューは昔のカンジキの西洋版というか現代版のイメージでしょうか。
って言っても自分、カンジキ見たことないんですけどね^_^;
スノーシューの裏には刃(爪)がついていますので、
スキーとは全く逆に、滑らないようになっています。
雪の上を沈まずに歩く、雪の坂を滑らずに登る、というための道具ですね。
雪に沈まないために面積が必要なので、狭い雪道を通るときはスノーシューの幅が邪魔になりました。

雪って見ても見ても見飽きない美しさですね!
キレイすぎて、手で触りたくなってしまいます、
まだこの時期は寒くて乾燥していますので、サラサラパキパキです。
風によってつくられる雪紋のさざ波は感動でした。

遊びに行く雪景色はいいのですが、
家の窓の外の雪景色は、いい加減嫌になってきました^_^;
今私は、緑が見たいですね~^^
[2014/03/14 09:56] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

marukeiさん、コメントありがとうございます
息子さん、大怪我ではないですか!!!!
心配ですし、お辛いでしょう。。。
痛みがとれて治るまでには、時間がかかってしまうでしょうが、
お大事になさって下さいね!!!
お早い回復を願っております。

八子ヶ峰のコースは草原の場所に雪が積もっていますので、
歩いていても開放感がありますし、尾根歩きが主ですので、景色もとてもよいコースです、
スノーシューをやるには、お勧めのコースです!

折角のスノーシューなので人の付けた足跡の上は避けたくて、
新雪を歩いたのはいいのですが、とても疲れました。体力がないし^_^;
ダンナには早くしろと言われるのですが、足が進まなくて。。。
自分の体力を考慮しなくてはいけないのですが、新雪の魅力に負けて、意地になっていました^m^

[2014/03/14 10:09] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

サラームさん、コメントありがとうございます
この山は草原が広がっている山ですので、その上に雪が積もって、
雪面が広がり、とても開放感があり、歩いてとても気持ちがいいんです!
少しの急斜面と、緩やかな上り下りの尾根歩きのコースで、
初心者でもとっても楽しめるコースなんです、
・・・なんて言いましても、体力ない自分は疲れ果てていましたけれど^_^;
山頂は見晴らしがとても良いのですが、疲れているは、お腹がすいているは、
そして風が強くて体が冷え切ってくるはで、写真はあまり撮れませんでした。
ダンナはチョロチョロ動き回って撮っていましたが^^

ズボってはまる瞬間ってあまり覚えていなくて、気がついたら埋まっているんです。
胸あたりでよかったですが、もし一人で頭までスッポリとかだったら本当に怖いです。
スノーシューを履いていると、本当にスノーシューが引っかかって、涙モノでした。。。
無理に引き上げようとするとスノーシューのベルトが千切れてしまうかもしれませんので、
ひたすら手で掘り出すしかないんです。
ダンナは笑って見ているし(-"-)
まあ、近寄ったら自分もはまるかもしれないので、近寄れないのは分かるんですけどね。。。
私は2回もはまったのに、ダンナははまらない。。。私のコース取りが悪いんです。

雪の上を歩くには、足の力が物凄く要りますね、
私は特に足の力が弱いので、すぐにやられて足が鉛のようになります、
日頃から鍛えればいいのですが、運動は大嫌いなので、多分ずっとこのままかな~~~。
[2014/03/14 10:28] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


ぼやっちさんこんにちは♪

パン粉の雪景色サイコーですね~(゜∇゜)/
スノーシュー履いてても、ズボって胸の下まで!?
本当にフッカフカの柔らか~い新雪なんでしょうね♪
青い空にキラキラ光る真っ白な雪が本当ステキです。
こんな綺麗な写真見ると、また行きたくなっちゃいますね(*^^*)


教官のような旦那さま、頼もしくていいですね(^^)
[2014/03/14 10:31] URL | mokos619 #- [ 編集 ]

みかんさん、コメントありがとうございます
こんにちは。

キラキラした雪を手袋でスッと撫でましたら、
手袋がキラキラして可愛らしかったです^m^
質感は雪ではなく氷っぽくてガサカサした感じでしたので、パン粉っぽく思えました、
やっぱりこの辺が主婦なんでしょうね、でも分かっていただけて嬉しいです(#^.^#)

新雪を歩きますとスノーシューでもそれなりに沈みながらの歩きになりますので、
だんだんと疲れがたまってきて、上り坂に入ると一気にやられてしまいます、
でも新雪が目の前にあるのに、人の踏み後の上はヤッパリ歩きたくないですね、
モギュモギュと足元の雪の感触を楽しみながら歩きました。

ダンナは、口うるさいですね^_^;
疲れてるから足が動かないんです、と言っても待ってくれない。。。
ダンナからしては超スローペースで歩いているらしいのですが、ついていけなくて(>_<)
スノーシューは雪の上を歩く自体が楽しいのかな~~~???
自分でもいまいち分からないんですが^^
突然埋まったりするのも、大変ですけど、こんな体験も楽しいですし。
雪景色もとてもキレイだし。
意外に山頂からの眺めはどっちでもよくなって、あまり真面目に写真を撮らないですね^m^
[2014/03/14 12:33] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

六甲山探検隊さん、コメントありがとうございます
こんばんは。

目の前に広がる、紺色の空と白い雪景色は、何度見ても良いものですね~~~、
この冬、数回目の雪山ですが、とても楽しかったです(^^♪
八子ヶ峰は雪山初心者が楽しめるコースですので、危険なところもなく、
思いっきりスノーシューを満喫できます、距離も程ほどです。
長野は雪山のシーズンが長いので、スノーシューなどをして楽しむしかないというのも事実。。。
本格的な雪山登山は技術が無いので出来ませんし^_^;
そろそろ山野草を楽しみたくなってきていますが、まだ先なんでしょうね。。。

あっ、我家のランチは素っ気無いですよ~~~、
コンビニパンを1つ買って、コースの風の来ないところで、立ち食いですから^m^
景色のいいところは寒いし、長時間立ち止まっていますと冷えるし、
下は雪なので座れないし。
雪山のお昼は、お腹がすいて動けなくならないために食べています^_^;

[2014/03/14 12:49] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

きさくさん、コメントありがとうございます
今年はまだ車山にスノーシューに行けていないのですが、
八子ヶ峰もよいコースですよ。
スズラン峠から登るコースよりもロイヤルヒルスキー場のコースの方が、
距離は少し長くなりますので、スノーシュー歩きも満喫できます。
そして、こちらのコースの方が普段からあまり人が入らないようです。
なので新雪歩き放題でした\(^o^)/

新雪歩きは足の力が弱い自分はすぐに疲れてしまって、とっても辛いんですけど、
やっぱりマッサラの雪が目の前にあるんだから、そっちですよね~~~!
あと、人の足跡の上を歩くのが逆に歩きづらいところとかもあります。
復路は足が鉛のようで、スノーシューを脱ぎたくなったんですが、
脱いだらとても歩けない雪でしょうね、履いていても胸下までズッポリでしたし^_^;
ズッポリいった時は、スノーシューの面の上に雪が乗って全然抜けなくて。。。
こんな経験も初めてで、とっても苦労したんですけど、
こんなこともあるんだ!ってなかなか楽しかったです。

今シーズンは雪がタップリの新雪を歩く機会に恵まれ、そんなコースばかり楽しめて、
大満足しているのですが、
あと1,2回行きたいかな~~~って感じですね^m^
[2014/03/14 13:05] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

mokos619さん、コメントありがとうございます
こんにちは!

パン粉の雪景色はキラキラ光って、とってもキレイでしたよ~~~!!!
雪というより氷だったのかな???
歩いていますと目の前が輝いている世界、忘れられないです(#^.^#)

スノーシューを履いていて胸の下までズッポリはまったのは初めてでした。
私は2回もはまったのに、ダンナははまらない・・・、
私の歩くコースがよくないってことなんでしょうね~~~、
でも上から見ても全然分からないんです(T_T)
ズッボって落ちても全く痛くないんですけれど、雪がサラサラ過ぎて固まらないので、
抜け出るのにとっても苦労しました、掘っても掘っても雪がサラサラ落ちてきます^_^;
風が抜けて日当たりの良いところの雪の表面は凍っていて、その下はフカフカの雪なので、
歩くとパキ・ムギュって感じのところもあって、楽しかったです。
スノーシューを充分に堪能して大満足だったのに、また行きたくなりますね、
やっぱり楽しいです、スノーシューの雪山。

ダンナは口うるさいんですよ~~~、
疲れて足が進まないんだからショウガナイジャン、って感じです。。。
雪にはまったときは笑っているだけで何もしてくれないし^_^;
[2014/03/14 13:19] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


凄い迫力ですね!美しい雪山を堪能させて頂きました。
到底行けない私には、ワクワクするような未知の世界です。
スノーシューを踏んづけて、身動き出来なくなったらどうしょう!?
スノーシュー履いたまんま胸までズボッ!
蟻地獄みたいで今夜夢でうなされそうだわ(。-_-。)
でもキラキラした雪山は、そんなものを吹き飛ばす魅力があるのでしょうね*\(^o^)/*
[2014/03/14 20:54] URL | 優の水彩工房 #- [ 編集 ]


 こんばんは!
サラサラ新雪のスノーシュー歩き、おまけに絶景の山並!
もうもう最高ですね!
ぼやっちさんの文面からは、お二人のやりとりの様子が手に取るように
わかって思わずニヤニヤしながら楽しませて戴いています。
スパルタ指導で、シーズンの終わりにはかなりの達人になっているのでは?

 スノーシューが胸まで沈むって凄い事ですね。
誰にでも体験できる事ではないですよ! でも自分で処理できるのですから
それがまた凄いです。 諏訪行きが遅れていて、来週になりそうです。
まだスノーシュー楽しめそうですね。 

[2014/03/15 02:04] URL | キレンゲショウマ #- [ 編集 ]

優の水彩工房 さん、コメントありがとうございます
自分も4年ほど前に長野県に越してくるまでは、
こんな雪山に自分が行くとは夢にも思っていませんでした。
人生って不思議です。。。(*_*;

スノーシューを始めた頃はいっつも自分のスノーシューを踏んで転んでいました、
疲れてきますと余計に歩幅が狭くなって、バタバタと倒れていました、
最近はようやくそういうことは少なくなってきたのですが、
斜面を登るようなところは、足の置き場が斜めっていますので、
幅広のスノーシューに泣かされます(T_T)
サラサラの雪はまさにアリ地獄でした、
落ちるときはアッサリ落ちるのに、雪から抜け出すのがこれほど大変とは。。。
貴重な体験をした!と良い方に思うようにします^m^

雪が創りだす世界って、すみからすみまで徹底的に創りこんでいて、見惚れます。
絵を描く優さんでしたら、スケッチしていらっしゃると思います、
とまっていると冷え込みますけど。。。^_^;
[2014/03/15 21:21] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

キレンゲショウマさん、コメントありがとうございます
こんばんは!

八子ヶ峰の景色はとてもお気に入りです!
周りの眺望もよいですし、八子ヶ峰自体が雪原となっていて、青い空と白い雪が眩しいです。
こんなところを二人占め出来るなんてラッキーでした、それも新雪歩き、
一足一足雪を踏みしめて、モギュモギュいわせて歩くのって、なんでこんなに楽しいのでしょうね(#^.^#)
体力がないのですぐに疲れてしまうのが難点なのですが、
やっぱりマッサラ歩きたいです。

あまりにも成長のない私にシビレを切らしたのか、今シーズンからダンナの指導が入ります。。。
今シーズンの冬山、初歩の初歩はクリアできたのかな~~~???
でも登山靴で登ったり、アイゼン付けたりスノーシューを楽しんだりと、
いろいろ楽しませてもらっていますので、感謝しなくていけないのかも。。。
もう少し親切に教えてもらいたいものですが^_^;

スノーシューでまさか胸まで沈むことがあるとはビックリでした、
気がついたらはまっていました。
私が2回もはまったにも関わらず、ダンナははまらない、何かが違うのか、運のせいか(@_@;)
でもこんな体験もいいですよね!!!良かったと思うことにしますね^m^
サラサラの雪を掘るということがこれほど大変なことが分かりましたし。。。

先週は南国でしたので、諏訪に来ますと寒さが身に染みるかもしれませんね。
こちらも雨が降るようになって、少しずつ暖かくなってきているようですが、
まだまだスノーシューシーズンですので、是非楽しんできてくださいね!!!
私もまた行きたくなりました\(^o^)/


[2014/03/15 21:50] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/03/16 09:15] | # [ 編集 ]


温かいコメントいただきまして、ありがとうございましたi-274
白コリドラス3匹連れ帰ってきました

すでに弱ってた1匹は早くも亡くなってしまったのですがi-241
子分は新入りさんたちと挨拶らしきことをしてから
また暴れてますi-229
気が鎮まるまでそっとしておこうと思います

今日、こっちは春の陽気でしたi-1
これで勘違いの虫さんが出てきちゃうんですよね・・・
[2014/03/16 20:19] URL | おかめパッチ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/03/17 11:24] | # [ 編集 ]

おかめパッチさん、コメントありがとうございます
お仲間との同居が始まりましたね!
ちゃんとお互いを知り合って、これからどんな生活が始まるのかな。。。
子分さんの気持ちも次第に落ち着いてくれるといいです、
ガラスとかにあたって、疲れて弱ってしまうことが心配ですが、
親分さんがいないことを受け止めるには少し時間も必要なんでしょうね。
お仲間さんの1匹の子、
お店で亡くなってしまうより、おかめパッチさんの家の子になったことは、
人間目線からの考え方ですが、私は良かったな、なんて思ってしまいました。。。

こちらも今日は良いお天気です~~、ポカポカ(#^.^#)
でもこの時期は油断できませんね、まだまだ寒さがやってきます。。。
間違えて出てきちゃった子は、もう戻れないんですね。。。
でも、そういう子達を待っていた鳥さんたちは大歓迎のご様子、
モズが昨日、部屋の前の物干し竿の先端にとまって、
尾羽をクルンクルン回して物色していましたよ。
彼らの長い冬が終わろうとしているようでした。
[2014/03/17 12:53] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


なーんて素晴らしい写真なんでしょう!
波のような雪、氷のかけらのような雪、
どれも素晴らしかったです。
また、山頂も絶景でした(≧∇≦)
新雪を歩くって思った以上に大変なんですね〜。お疲れ様でした。

[2014/03/17 20:16] URL | popo★3 #.pSilNQU [ 編集 ]

popoさん、コメントありがとうございます
雪っていろんな質感になるんですね、
雪山に行きますと、いろんな雪の表情に出会えてとても面白いですし、
とってもキレイです!(^^)!
砂漠に行ったことがないですが風が砂で作る風紋の雪バージョンの雪紋が、
幾重にも押し寄せる波のようになっていまして、美しかったです。
風で流される雪ですので、サラサラなんでしょうね。。。
氷の粒のような雪が、光にキラキラ輝く景色も忘れられないものになりました。
雪山に行くといつも会えるものでもなくて、なにかいろんな条件があったときに出来るんでしょうね。
雪山はそんな出会いも楽しみです(#^.^#)

新雪歩きはとっても楽しいのですが、
多分砂浜の海岸を歩くような感じで、1歩1歩埋まりながらの歩きになりますので、
とっても足が疲れてきます、
特に自分は足の力がないので、すぐ疲れてしまって足が動かなくなってしまいます。
疲れても自分の足で歩かなければ帰れない場所ですので、とっても辛いです^_^;
それでもスノーシューがやめられないのは、やっぱりとっても楽しいのでしょうね~~~\(^o^)/
[2014/03/17 22:32] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/03/18 15:06] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/03/18 23:42] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onagasan.blog65.fc2.com/tb.php/285-103a6111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。