FC2ブログ
プロフィール

ぼやっち

Author:ぼやっち
お山は好きだけど、へっぽこです。
のんびり時々がんばりで、
楽しくお山に行ってます。

最新記事

FC2ブログランキング

気に入ったら押してください

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

諏訪っこの鳥たち
山登りや、お花や、諏訪の情報など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北八ヶ岳 双子山1
名付けるなら『双子山 池巡りコース』って感じのルートを歩いてきました。
このルート、いいですよーーーーー\(^o^)/
コンパクトな行程の中に、変化に富んだ景色がギュギュッと詰まっていて、
山登り素人の私、充実感・満足感に満たされました。
山登り玄人のあなたには(誰?)、物足りない登りだと思いますが^m^


大河原峠の登山口から出発。

台風一過、心地よい秋晴れのこの日、
出発した私たちを迎えたのは、その台風によって小川と化し、ぬかるんだ登山道でした。
木々の紅葉と、笹原の広がる開けた景色の中、
水にはまらないように、ただただ、足元だけを見て進む勿体なさといったら(T_T)
sasahara
            (前を行くのは、ずっぽり水にはまった人です^m^)


登山道のぬかるみもなくなってきた頃、
道は樹林の中に入ってきました。
jyurintai
ここで私は、出発してからここまでの間、ずっと思っていたことを、ダンナに言ってみることに。
「この道、ずっと下っているんですけど。。。」
「初めに上るばかりが、登山ではない。」という返事と、
「これ、今日の教訓な!」という言葉が返ってきました。
今日って何?毎回何か語るつもりなんだろうか、彼は。。。

出発から、ず~~~~~~っと、ゆるゆると、下り続けている登山道。
上りもせずに、最初から下るということは、
これまでの下った分の上りが、後に加算されるわけで、
体力のない自分にとって、後々の登りの大変さを思いやって、不安。

早く登りに変わってくれ~~~と念じていますと、
下に川が見えてきます。
kawa
「この川を渡る」と言われ、ああ谷底まで下りきるんだ、と諦めましたよ(^_^;)
川を横に見ながら歩くのは、気持ちよかったです。
谷底まで下りきり、川を渡ると、やっと登りの道が待っていました。

樹林の中を少し登ると、道はまた開け、広い平坦な景色に出会います。
hiroizo
山の中で、こんな平坦な場所に出ると、不思議な感覚になります。
この道に出たら、振り返ってみてください!
tatesinayama
蓼科山が真後ろに!!!(汚い字は気になさらないで^^)
感動して、何度も何度も、振り返って、前に進めません^m^

道はまた樹林に入り、進んでいきますと、
このコース最初の池『亀甲池』へ。
kikkouike
北八ヶ岳の中で有名な白駒池と比べますと、とっても ちまっとした池なんですが、
のどかで、のんびりした感じ、ほっとします。
ikeike
赤色はナナカマド、黄色はシラカバの紅葉。。。だったけかな。
写真ヘタッピなので写っていないですが、もっと紅葉でしたよ(^▽^;)

秋よね~~~と、まったりした気持ちで次の池を目指しますが、
長くなりましたので、この辺で。
つづく^^







スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
ご主人様の後ろ姿を見つめながらの山歩き羨ましいわ。
山を熟知したご主人で安心感がありますね。
熊は大丈夫なのですか?
対策はどうしているのかしら?

以前息子と山に行った際「熊が出たらどうする?」
からかい半分で聞きました。
「オニギリをぶっつけながら逃げる」と言ってましたよ。
もちろん私を置いてですよ(~_~;)
ぼやっちさんのご主人はおんぶして逃げてくれますね(笑)

山間にひっそりとある池に心が休まりますね。
何だか樹林のいい香りがして来るみたいね♪( ´θ`)ノ
[2014/10/24 20:17] URL | 優の水彩工房 #- [ 編集 ]


へぇ~、最初から下る登山ですか。。
確かに帰りの事を考えると私も「え?」となるだろうなぁ。
でも、歩いていて気持ち良さそうです。
池に映る紅葉、綺麗ですね~。ここで一服?
何かお弁当でも頂きたくなりますね^^
[2014/10/25 09:36] URL | サラーム #- [ 編集 ]

こんにちは
山は 登り下りがあって わが身の重さに
苦しめられますが 周りの景色を見ながらの
登山で 気持ちが癒されて 前へと足が動くんでしょうね
ひーはーひーはー 言いながら ご主人の後を
ついて行かれる、ぼやっちさんの姿 想像してしまいました(^^ゞ
[2014/10/25 10:18] URL | みかん #RIBVchHI [ 編集 ]


こんばんは♪

ぼやっちさんと旦那様の会話、笑えます(^^;)
ずっと下りだったんですか?(笑)
って事は、帰りはせっかく下ったのに最後登るという事ですね(^o^;)
旦那様は、きっとツンデレタイプな感じかと♡
[2014/10/26 20:39] URL | mokos619 #- [ 編集 ]

優の水彩工房さんへ
コメントありがとうございます!

こんばんは。
毎回そうなんですが、実は私、
その日に登る山のこと、何にも知らないんですよ(^▽^;)
もう、本当にダンナに着いていくしかないっていう状態だったりします。。。
今回のように初めてのルートは、未知の世界で、とっても楽しいのですが、
本当はちゃんとコースを確認してから、登った方がいいのですけれどね(^_^;)

熊、
熊鈴を鳴らすぐらいしか、出来ないですね。。。
まず出発直後は、うるさいほど、リンリンリンリン、鈴を振り鳴らします、
そして、歩いているうちに、心配になると、またやたらと、鳴らします。
山で神経質に鈴を鳴らしている おばさんを見たら、ぼやっちです。
あとは、あまり考えないようにしているかな。。。

登山道を歩いていて、ポッと池が出てくると、とても気持ちが安らぎます。
池に鏡のように映る紅葉、絵画の世界でしたわ^^
優さんでしたら、この場でサラサラと、スケッチされていらっしゃいそうです(#^.^#)
[2014/10/26 22:59] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

サラームさんへ
コメントありがとうございます!

最初の元気なうちに、登りたいじゃないですか!
それなのに、道は下り坂。。。少ない体力が浪費されているようで(^_^;)
山を登り始めたとき、山とは登って山頂について、下るもの、と単純に思っていました。
初めの下りに動揺しないぐらいの体力をつけなければ。。。

紅葉は、遅いのか早いのか、よく分からなかったです(^▽^;)
最盛期ではないって感じでしたが、それでも十分堪能でした。
ほとんど下っていましたので、ここではまだ元気がありましたので、
一服はもう少し先で(#^.^#)
山でのお弁当は、格別ですね!
たとえ中身が ふりかけご飯でも^m^
[2014/10/26 23:14] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

みかんさんへ
コメントありがとうございます!

山を歩いていますと、体重は軽いほうがいいって思います^^
ベストの体重を超えると、疲れるのが早いです。
ここ最近、常に何か食べている状態で、体重計が怖い。。。
秋だから、仕方ないですよね(^_^;)

疲れてきますと、もう足元しか見ていません、
前を見ると、まだまだ着かないって嫌になるので(^_^;)
止まって、振り返ると、景色が開けていてビックリすることもしょっちゅうです。
息が上がって、ひーはーひーはー、凄いです、
前を行くダンナは、さぞうるさいだろうなと思いつつも、
体力がないので、抑えられない(>_<)

[2014/10/26 23:33] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

mokos619さんへ
コメントありがとうございます!

こんばんは。

ダンナは、オヤジですね~~~、
ダジャレをすぐ言おうとしますし、
昔流行ったネタを言うのですが、私はすっかり忘れていて、
ギャグが空振りということもシバシバ。
昭和世代の、困ったオヤジですわ・・・
mokosさんの旦那様のように、格好良く船で決められるお方が羨ましい!

途中にちょこっと登りが入ったりしましたが、
最後に一気に登るコースでした。
高低差がそれほどない山でしたので、大丈夫でしたが、
やっぱり、最初に下るコースは、苦手かも~~~(>_<)
[2014/10/27 19:48] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


何年か前に逆コースで歩きました。
その時も登山道は水たまりで歩くのに難儀したのを憶えています。
それでも笹原の草原状の中を景色を眺めて歩くのは気持ちいいですよね~
[2014/10/27 21:08] URL | きさく #mQop/nM. [ 編集 ]

きさくさんへ
コメントありがとうございます! 
お返事が遅くなってしまいまして、申し訳ありません。

きさくさんってば、長野のお方のように、
いろんな場所に行っておられるんですね、凄いです。

あの登山道、きさくさんの時も水たまりでしたか^m^
登山道目いっぱい、川になっていて、歩く場所を探すのにとても大変でした、
笹が茂る脇によけようとしたら、そこは湿地のようになっていて、
ダンナがドップリいきましたよ(^▽^;)
いろんな体験が、後々よい思い出になりますけれどね(^_-)-☆

[2014/10/30 19:49] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]

良かった良かった・・・
 こんばんは!
ブログ復活嬉しいです。 たくさんの人が待っててくれましたね。
ボチボチ、ボチボチ・・・ゆっくりと頑張って行きましょうね。

双子池・・・むか~しむかし(30年以上前)、チビ達と歩きました。
どのコースを歩いたのか定かではありませんが、テント泊(今ではとんでもない) をした
翌朝の池から立ち上る朝霧?の美しさだけが記憶にあります。
針葉樹と苔の美しい北八ケ岳をまたゆっくりと楽しみたいものです。
[2014/11/10 23:22] URL | キレンゲショウマ #- [ 編集 ]

キレンゲショウマさんへ
コメントありがとうございます!

お優しいお言葉で迎えていただけて、とっても嬉しいです!!!
ありがとうございます!
ブログを止めたりまた書いたりと、そんなことばかりやっていましたので、
また始めました、とお伝えするのがとても恥ずかしくって・・・。
キレンゲショウマさんは、いつも温かく言葉をかけてくださって、
感謝感謝ですし、ブログの世界をとても心地よいものにしていただいています。
まだ、いろいろありますが、ボチボチ、ボチボチ、ゆっくり頑張りますね!!!

池の側にキャンプ場があるようですね、キレンゲショウマさんが一夜を過ごされたのですね、
なんだか嬉しい、ニアミス。。。ではないですけど^m^
テントで泊まられる方は雄池のお水を使うとダンナが言っていました、
雄池のお水は、とても深い色をして輝いていましたよ!

北八ヶ岳は、私でも登れるお山が多く、
コケに包まれた林床が柔らかく、静かに迎えてくれて、穏やかな気持ちになれます。
ただ、木道部分が、ヌルヌルヌルヌルして、無茶怖いんです(>_<)
ツルって滑って、何度も木道から落下しています(T_T)
[2014/11/11 19:11] URL | ぼやっち #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onagasan.blog65.fc2.com/tb.php/290-f6c6d04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。